記事

ネットニュースとタイトル問題 そしてバッシング、パッシング、ナッシング

31

新しい服、ゲットだぜ。今回もISSEY MIYAKE。お上品なジャケット。ネットの時代は素晴らしい。このような、著者のカワイイ顔を無料で拝むことができるからだ。

それはそうと、昨日、初めて現代ビジネスに寄稿した。

「働き方改革」に騙されるな! 残業は「合理的」だからなくならない
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51568

おかげ様でよく読まれたようで。手前味噌だが、良記事になっているのではないかと思う。ちゃんと専門家として

一方、Twitterやはてブで、「タイトル煽りすぎだろ」というご批判を多数頂いたので、コメントしておこう。

諸々、書いたものに対する責任は著者が持つべきであり、批判は真摯に受け止める。一方、この「タイトル煽りすぎだろ」的な批判を著者にするというのも、恥ずかしいからやめた方がいいと思うのだ。

個人ブログではないのでこのようなニュースサイトのタイトルは、著者「だけ」では決まらないのだ。今回のタイトル設定については、編集者と相談した上で決めた。だから批判は真摯に受け止めよう。

ただ、「タイトル煽りすぎだろ」的なツイート、コメントで、書き手の鬼の首を取ったように言うのも(それを、わかっている人風に言うのも)、「ああ、メディアの仕組みが分からないのね」ということを自ら明かしているかのようなものなので、恥ずかしいから今後はやめた方がいいと思うよってこと。まあ、サイトに対する批判だったのかもしれないが。

もっとも、これ自体がネットニュースの課題を物語っているように思う。結局、タイトルかよ、と。これが行き過ぎると、長谷川某のような「死ね」的なタイトルになるんだろうな。

バッシングされる人っていうのは、ちゃんと相手にされてはいるってことか。スルーするという意味でのパッシング、そして、何もなかったことにされる、相手にされないという意味でのナッシングも怖い。

なぜ、残業はなくならないのか(祥伝社新書)
なぜ、残業はなくならないのか(祥伝社新書) [新書]
常見 陽平
祥伝社
2017-04-01


最新作、よろしくね。『週刊東洋経済』『労務事情』に書評が載ったぞ。Amazonも絶好調(書店で売れてほしいけど)。売れるのも嬉しいけど、こういう風に書評が載るのって嬉しいよね。

夜露死苦!

あわせて読みたい

「ウェブメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  5. 5

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  6. 6

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  7. 7

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  9. 9

    10月解散総選挙なら自民の不戦勝

    NEWSポストセブン

  10. 10

    最低の解散に河野外相賛成するか

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。