記事

仏ルペン氏、マクロン氏はイスラム系テロに対して「弱腰」と批判

[エナン・ボーモン(フランス) 24日 ロイター] - 仏極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は、中道系独立候補のマクロン前経済相がイスラム教徒によるテロ行為に対峙したときに「弱腰」になると痛烈に批判した。

ルペン氏は、自身がイスラム教徒によるテロ行為など重要な問題に対して取り組む姿勢を見せる一方、「マクロン氏はイスラム教徒による危機に直面した際、フランス国民を守る計画がない」と述べた。

またマクロン氏との決選投票について「自由なグローバリゼーション」に向けた国民投票であるとの認識を示した。

*24日配信の記事の体裁を修正して再送しました

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    全国民に7万円 困るのは低所得者

    PRESIDENT Online

  2. 2

    「貧困は自己責任」落語家が炎上

    キャリコネニュース

  3. 3

    「40歳定年制」を考えるべき理由

    城繁幸

  4. 4

    韓国の大学生調査 敵国1位は日本

    NEWSポストセブン

  5. 5

    保育園はイヤ…潜在保育士の本音

    川名 ゆうじ

  6. 6

    竹島の日 5人殺した韓国忘れるな

    赤池 まさあき

  7. 7

    トヨタ EVシフトに異次元の構え

    片山 修

  8. 8

    ホンダジェット 納入数で世界一

    ロイター

  9. 9

    飲食ドタキャン防止が不安だらけ

    東龍

  10. 10

    羽生を自慢する日本人の横取り感

    津田正太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。