記事

仏ルペン氏、マクロン氏はイスラム系テロに対して「弱腰」と批判

[エナン・ボーモン(フランス) 24日 ロイター] - 仏極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は、中道系独立候補のマクロン前経済相がイスラム教徒によるテロ行為に対峙したときに「弱腰」になると痛烈に批判した。

ルペン氏は、自身がイスラム教徒によるテロ行為など重要な問題に対して取り組む姿勢を見せる一方、「マクロン氏はイスラム教徒による危機に直面した際、フランス国民を守る計画がない」と述べた。

またマクロン氏との決選投票について「自由なグローバリゼーション」に向けた国民投票であるとの認識を示した。

*24日配信の記事の体裁を修正して再送しました

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    矢沢永吉 チケット電子化の理由

    BLOGOS編集部

  2. 2

    よしのり氏「テレ朝の方が悪い」

    小林よしのり

  3. 3

    毎日が危ない? 崩壊する新聞社

    fujipon

  4. 4

    日本でIQOS伸び悩み 株価が暴落

    広瀬隆雄

  5. 5

    F-2の後継機 F-22を土台に開発か

    ロイター

  6. 6

    羽生 フィギュアの女帝と確執か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「戦後政治最大の汚点」

    辻元清美

  8. 8

    細野氏 希望解党は「私の責任」

    細野豪志

  9. 9

    愛子さま 受験組入らず内部進学

    女性自身

  10. 10

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。