記事

仏ルペン氏、マクロン氏はイスラム系テロに対して「弱腰」と批判

[エナン・ボーモン(フランス) 24日 ロイター] - 仏極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は、中道系独立候補のマクロン前経済相がイスラム教徒によるテロ行為に対峙したときに「弱腰」になると痛烈に批判した。

ルペン氏は、自身がイスラム教徒によるテロ行為など重要な問題に対して取り組む姿勢を見せる一方、「マクロン氏はイスラム教徒による危機に直面した際、フランス国民を守る計画がない」と述べた。

またマクロン氏との決選投票について「自由なグローバリゼーション」に向けた国民投票であるとの認識を示した。

*24日配信の記事の体裁を修正して再送しました

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    おっぱい見せて グラドルの悩み

    倉持由香

  2. 2

    日本で獣医師は不足しているのか

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    安倍首相は証人喚問か辞任の二択

    小林よしのり

  4. 4

    経済政策オンチの韓国・文大統領

    団藤保晴

  5. 5

    日本は今こそパ・リーグに学べ

    文春オンライン

  6. 6

    平均年間給与 建設業が700万超え

    東京商工リサーチ(TSR)

  7. 7

    蓮舫氏と朝日 戸籍めぐり勘違い

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    堀江氏「デキないやつは切れ」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    松居一代 船越告訴で逮捕の危機

    NEWSポストセブン

  10. 10

    加計疑惑は賄賂ない限り問題ない

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。