記事

仏大統領選、「予想どおり」も市場に残る多くの懸念

フランスで4月23日、大統領選の第1回投票が行われた。その結果、事前の世論調査の結果が示したとおり、中道のエマニュエル・マクロン前経済相と極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首の間で決戦投票が行われることとなった。2候補の得票率の差は、世論調査の誤差の範囲に当たる2パーセンテージ・ポイントだった。

投票の結果を受け、アジアの外国為替市場でユーロは急伸。4月7日の1ユーロ=1.07ドルから上昇し、一時1.09ドルを付けた。マクロンが決選投票に進むことになった結果を受けたものとみられる。だが、5月7日に予定される決戦投票でルペンが勝利する可能性は依然、市場参加者らにとっては脅威として残っている。マクロンが最初の投票でルペンに勝利していれば、ユーロはより高値を付けていただろう。

市場関係者らの見方

投資家らは今後、ユーロの値動きを慎重に見守り続けるはずだ。決選投票の翌日までは、対ドルで1.11ユーロを上回ことはほぼないと見込まれる。また、欧州市場ではフランス国債の利回りが低下し、フランスとドイツ両国の10年物国債の利回り格差が縮小するとの見方もある。

市場はマクロンの勝利を望んでいる。フランスのユーロ圏からの離脱に向けた国民投票実施のリスクがなくなると見込まれ、投資家が欧州について懸念すべき事柄が一つ減るためだ。だが、マクロンが率いてきた政治運動「アン・マルシェ!(前進)」は活動開始からまだ間がなく(選挙前になり同名の新党を結成)、現政権に大きな影響力を持っているとはいえない。

敗北した左翼党のジャンリュック・メランション党首は、同じユーロ懐疑派のルペンではなく、マクロンの支持に回る可能性が高いと見られている。だが、決戦投票までのおよそ2週間に、マクロンとルペンいずれかの候補が急速に勢いを強めることになりそうな要因は見当たらない。

だた、それでもバークレイズ・キャピタル証券は、現役の国会議員らの非常に多くがマクロンを支持する考えを示していることに注目している。同じく敗北を喫したフランソワ・フィヨン元首相もすでに、マクロン支持を表明している。

バークレイズ・キャピタルのロンドン本社のエコノミストは、決戦投票の後に実施される国民議会選挙について、「これまで以上に重要なものとなるだろう。今回の大統領選よりも、大きな重要性を持つものとなる可能性もある。だが、その結果がどうなるかは依然として不透明だ」と警戒感を示す。

国民議会選挙については、フィヨン元首相をはじめ主要政党のリーダーたちの多くが、党独自の方針の下に選挙運動を進める考えのようだ。つまり、新大統領は大きな権限を持つことができず、実質的には権力の獲得に向けて争い合う各勢力の抵抗に直面するということだ。ロンドンとパリのバークレイズのエコノミストらはいずれも、フランス議会がどの政党も単独では過半数議席を持たないハング・パーラメントとなることを予想している。

残る不透明性

大統領選の決戦投票後も、フランスには多くの問題が残るだろう。政党間の争いは向こう数年間にわたって、経済に悪影響を及ぼす可能性がある。

マクロンは大統領就任から100日の間に実現を目指す政策として、労働法の改正を掲げている(簡略化と中央集権型の改善を目指す)。また、政府の統治能力の向上に向けた措置(閣僚に対する評価制度など)の導入を訴える。将来のEUとの関係については、強化を目指す方針だ。

一方、ルペンが就任後100日間に目指すのは、フランスと欧州議会との関係を変えることだ(加盟各国が金融政策などについてEUから主権を取り戻すことを目指した各国との協議の開始など)。また、中央銀行への政府の関与を強めること(市場はこれを嫌う)や、ドナルド・トランプ米大統領と同様の保護主義政策の重視だ。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  4. 4

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  5. 5

    未だプレ金失敗を認めない経産省

    キャリコネニュース

  6. 6

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  7. 7

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  8. 8

    痴漢捜査後に自殺 裁判の行方は

    渋井哲也

  9. 9

    共謀罪で暴論語る小林よしのり氏

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。