記事

フランス大統領選挙第一回投票の勝者はエマニュエル・マクロンとマリーヌ・ル・ペン 極端に弱気なスタンスをとっていた投資家はユーロならびに欧州株を買戻しへ

日曜日に投票が行われたフランス大統領選挙第一回投票ではエマニュエル・マクロンとマリーヌ・ル・ペンが勝利し、5月7日(日)の決選投票へと進みます。

このうちマクロンは中道・保守です。

フランスの有権者は第一回投票では、いわゆる「プロテスト・ボート」、すなわち現在の政治に対する批判票を投じるものの、決選投票では、とたんに保守的になることが知られています。また敗北したフランソワ・フィヨンはマクロン支持を打ち出しており、フィヨン票がマクロンに流れると思われます。

このことから決選投票ではマクロンが有利になります。

たぶん決選投票での得票シェアはマクロン60%、ル・ペン40%前後に落ち着くと思われます。

マーケットは、フランスの有権者のそういう習性をよく理解しているので、すでにすごい勢いでユーロを買っています。

欧州株は米国株や日本株に比べると出遅れ感が強いので、見直し買いが入りやすいです。銘柄的にはドイツ銀行(ティッカーシンボル:DB)が良いと思います。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    客に痴漢コンビニオーナー解雇劇

    WEDGE Infinity

  4. 4

    貴乃花が引退届 日本は転換点に

    舛添要一

  5. 5

    貴乃花のコミュ力では今後が不安

    大西宏

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    中国人マナーが外交問題に発展

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  9. 9

    おときた氏 新潮45の休刊は残念

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    木村拓哉 ジャニー氏の激怒語る

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。