記事

米経済、移民の受け入れなければ成長鈍化=ミネアポリス連銀総裁

[21日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は21日、移民は米経済成長の主要なけん引役となってきたとし、移民の受け入れ、もしくは米国の出生率の上昇がなければ米経済成長は鈍化するとの考えを示した。

同総裁はミネソタ州のハムライン大学で行った講演で、「米国は成長鈍化を許容することもできるし、かなりのコストがかかるが出生率引き上げに助成金を支給することもできる。このほか、移民を受け入れるも可能だ」とし、「これら3つの選択肢から1つ好きなものを選ぶことができる」と述べた。

また、トランプ政権がどのような政策を導入するのか現時点では分からないため、税制、規制、財政改革などの影響は自身の見通しにまだ織り込んでいないとした。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  3. 3

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

  4. 4

    大地震でホームレスが困ること

    ビッグイシュー・オンライン

  5. 5

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  6. 6

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  7. 7

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  9. 9

    エレカシ宮本「GLAYに心折れた」

    SmartFLASH

  10. 10

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。