記事

勤務先ブラック企業にFAX・メールで改善要求を送れるアプリが登場 「該当管轄省庁に報告する」の一文で企業に圧力

ブラック企業は働く人を心身ともに苦しめ、社会的に大きな問題となっている。勤務する会社がブラック企業だとわかっても、誰にも言えず、状況を変えることもできずにいれば苦しさは増すばかりだ。

札幌にある企画会社、ナックルボール合同会社は4月14日、ユーザーの代わりに職場の改善要求ができるアプリ「ブラゼロ」リリースした。

ユーザーの代わりに「労働環境改善要求書」を勤務先に送付

ユーザー登録すると、任意で勤務先に登録通知が送られる(プレスリリースより)

現在はアンドロイド版のみ、iOS版は審査通過次第にリリースする見込み。「ブラック企業への抑止力」と「ブラック企業の可視化」が実現できるとし、働く人の要望を企業に伝えることで、雇われ方を根本的に変えることを目指すという。

「ブラゼロ」にはGPSに連動したタイムカード機能があり、出退勤時間を記録できる。メモ欄には、その日に受けたパワハラの内容やサービス残業を強いられたといった情報を残しておけるため、後に裁判をした際の証拠になる。

ユーザー登録を行うと、任意で「ブラゼロ」からユーザーの勤務先へファックスかメールで「御社の社員がブラゼロに登録しました」という「ブラゼロ登録者報告書」が送られる。この際、ユーザーの身元が明かされることはない。

有料会員(月額240円)になると、労働条件や環境の改善を求める「労働環境改善要求書」をユーザーの代わりに「ブラゼロ」が勤務先企業に送ることができる。書面には「改善されていない場合には、当サービスから該当管轄省庁に報告する」という趣旨の一文が明記されている。受け取った企業としては、プレッシャーを感じることは間違いないだろう。

「多くの人がユーザーとなり、数で圧力をかけることが近道」

有料会員は、勤務先や転職を検討している企業に勤務する他ユーザーの生の声が書かれた掲示板を見ることができる。「ブラゼロ」を開発したナックルボールとしては、このアプリでブラック企業なくなり、「ブラゼロというサービスが消滅することを願っている」という。同社はリリース内で、

「多くの人がユーザーになり、企業がブラゼロを意識して労働環境をより良くする意識が動くよう、数で圧力をかけることが近道となります」

と思いを綴っている。

あわせて読みたい:残業200時間でもウチはいい会社

 

あわせて読みたい

「ブラック企業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  5. 5

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  6. 6

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  7. 7

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  8. 8

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  9. 9

    日の丸・君が代は極右への踏み絵

    秋原葉月

  10. 10

    立憲の鍵を握る改憲派・枝野代表

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。