記事

ビッグエコーが「ビジネスプラン」を首都圏27店舗で導入! カラオケルームを「第2のオフィス」に

シェアオフィスの利用や在宅ワークの導入を行う企業が増え、必ずしも「会社」だけが職場ではなくなっている。カラオケ店「ビッグエコー」を運営する第一興商は4月21日、カラオケ店でワークプレイスを提供する「ビジネスプラン」を24日から導入すると発表した。

マイク使用でプレゼン練習も可能、60分1ソフトドリンク付きで600円

同プランでは、「電源タップ」「HDMIケーブル」「卓上ホワイトボード」を無料で貸し出し。ノートパソコンを大型ディスプレイに接続したり、マイクを使用してプレゼンテーションの練習をしたりすることも可能だ。

導入店舗は秋葉原昭和通り口駅前店、有楽町店、品川港南口駅前店、西新宿センター店など首都圏のオフィス街を中心とした27店。今後も導入店舗を順次拡大する予定だという。また一部店舗ではインターネット無線LANも利用できる。

料金プランは、全店舗一律で1ソフトドリンク付き60分600円。延長30分当たり300円、オープンから19時までのフリータイムは1500円となっている。

「ビッグエコー」を運営する同社とNTTコミュニケーションズは昨年カラオケルームをワークスペースとして活用する実証実験を実施。そこで得られたノウハウを今回のビジネスプランに盛り込んだ。

カラオケ店は、個室で周囲の目を気にすることなく会話できるほか、机に広げた資料を第三者に見られる心配もない。たしかに、ビジネスシーンでの利便性は高そうだ。

「以前からカラオケルーム内で資料作成をするビジネスマンがいた」

ただ、カラオケ店のビジネスプランをめぐっては、競合のシダックス、ジャンボカラオケ広場、パセラなどがすでに導入している。ビッグエコーは後発ということになるが、第一興商の広報担当は、

「ビッグエコーの強みは店舗数が多く駅近でアクセスしやすいことです。例えば急な打ち合わせが入ったとき、急ぎで資料を作成したいとき、近くのお店をすぐご利用いただけます」

と話す。以前からカラオケルーム内で資料作成や打ち合わせをするビジネスマンがいたといい、ニーズはあると考えているようだ。気になる音漏れについても、同担当者は「ビジネス街の昼間の時間帯は比較的静かですが、通常プラン利用者とフロアを分けることも検討しています」と話す。

また他店はビジネスプランの場合、カラオケをすることができないところもある。しかし同店は

「もちろん歌っていただいて結構です。会議や資料作成に行き詰ったとき、終わったときのリフレッシュとしてご活用ください」

と会議後のカラオケに肯定的な回答を得た。カラオケ店で会議をして、歌を歌ってから解散。たしかに新しい働き方だと言えそうだ。

あわせて読みたい

「カラオケ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  2. 2

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  3. 3

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    北朝鮮ミサイル開発の財源はイカ

    高英起

  6. 6

    特攻隊を美化する無責任な人々

    猪野 亨

  7. 7

    オードリー若林 競争社会に疑問

    fujipon

  8. 8

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  9. 9

    不動産投資を否定する人の特徴

    内藤忍

  10. 10

    ヒアリ襲撃 珍獣ハンターの受難

    ライブドアニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。