記事

離党するのは責任取ったことにならない

こんにちは、静岡8区のげんまけんたろうです。

不倫問題で波紋を呼んだ自民党の中川俊直前経産大臣政務官。政務官は辞任しましたが、その後はFacebookに謝罪文を掲載したきり、離党も辞職もしない意思だったようですが、先ほど離党の意向と言うニュースが入りました。

自民党:中川氏21日にも離党届提出へ

https://mainichi.jp/articles/20170421/k00/00e/010/295000c

安倍昭恵夫人もそうでしたが、Facebookでのコメントで済まそうというのもいただけません。
しかし、それにも増してこうした時にいつも思うのが、「離党がなんの責任の取り方になるのだろう」ということです。

これって結局、「党に迷惑をかけたから党をやめます」であって、悪いと思っているのは党に対してで、国民への責任にも何にもなりません。

こんなこともわかんないのかな、といつも感じます。

これで幕引きになるのか。
国有地の法外な値引きがあっても、度重なる文書の廃棄があっても、驚きの国会答弁があっても、度々の失言があっても、すべてそのままスルーされてしまう現状。
野党がだらしないの一言に尽きます。
なんとかしたい!

それではまた。

源馬謙太郎

源馬謙太郎(げんまけんたろう)プロフィール
民進党静岡8区総支部長・元静岡県議会議員(2期)。

1972年浜松市生まれ。成蹊大学卒、Centre College卒後、American Univ. 大学院にて国際平和と紛争解決学修士号取得。帰国後、小型武器問題専門家としてカンボジアでプロジェクトを立ち上げ12,000丁の武器を回収。
松下政経塾を経て後静岡県議会議員を2期務めた後衆議院総選挙に立候補。次点で惜敗。比例復活まであと270票でした。引き続き国政目指して政治活動中。

あわせて読みたい

「中川俊直」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    タモリ「鶴瓶は偽善」盟友に本音

    メディアゴン

  2. 2

    都議のボーナスに1500万円予算増

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    貴乃花が相撲協会を拒否するワケ

    PRESIDENT Online

  4. 4

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  5. 5

    二階氏の重用は「無口だから」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    現役医師が日経の印象操作に苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    「怒鳴って当然」高齢者の言い訳

    NEWSポストセブン

  8. 8

    詩織さん被害訴え はるな愛号泣

    女性自身

  9. 9

    ミサイル導入への批判は非現実的

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    在日韓国人「イムジン河」に感銘

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。