記事

次期iPhoneの残念仕様 端末の「背面」に指紋センサーか

Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

年内に発売が噂される次期iPhoneに関しては様々な憶測が流れている。名前の候補には「iPhone 7S」や「iPhone 8」「iPhone Edition」「iPhone X」等が囁かれており、なかには単に「iPhone」になるとの説まである。

そんな中、次期iPhoneに関し非常に残念なニュースをブルームバーグが伝えた。Mark Gurman記者はOLEDディスプレイの採用や、大型曲面ディスプレイの投入、全面ガラス筐体、ホームボタンの廃止にふれている。しかし、もう一つ残念なニュースがある。

Gurmanによるとアップルの当初の計画の、タッチID指紋センサーのメインディスプレイへの統合は、技術的困難に直面しており「この機能が最終的な製品に投入されるかどうかは不明だ」というのだ。

これは筆者が以前にその可能性にふれた、アップルの冴えない代替案を裏付ける。それは「指紋センサーを端末の後ろ側に設置する」というプランだ。サムスンは最新モデルのGalaxy S8で同じことをやっているが、出来ることならばそんなバカげた真似はやめてもらいたい。

Gurmanはさらに”部品の調達上の問題”で次期iPhoneの発表が遅ければ11月にずれ込み、製造の遅れにより発売がクリスマスになる可能性を指摘している。アップルが本当にこの動きに出るのかは不明だが、第4四半期はアップルにとって最も利益を伸ばせる時期であることは確かだ。

iPhoneの10周年にあたる今年、真に革新的なアップグレードを製品に投入せねばならないという巨大なプレッシャーがアップルにはかかっている。2015年、2016年のゆるやかなアップグレードからもアップルは巨額の利益をあげてきた。

しかし、アップルファンの間ではもう我慢の限界だという気持ちが高まっている。特にGalaxy S8やグーグルのPixel 2が高く評価された今となっては、アップルにはぜひ、端末の裏側なんかではなく「真正面から」イノベーションをリードしてもらいたいものだ。

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ジャンプ編集部女子トイレに批判

    WEDGE Infinity

  2. 2

    森会長の「遺書」に10の間違い

    上山信一

  3. 3

    取り残されていく就職氷河期世代

    ふじい りょう(Parsley)

  4. 4

    米国でも麻生節 メディアも注目

    NewSphere

  5. 5

    退職時強引に有休を消化する方法

    三浦義隆

  6. 6

    節税目的で移住する人々の末路

    後藤百合子

  7. 7

    何のため?「意味不明」な共謀罪

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    iPhoneの役立つ裏技・小ネタ集

    永江一石

  9. 9

    弱者は不平不満を言い続けるべき

    赤木智弘

  10. 10

    マンガ市場に起きた歴史的事件

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。