記事

仏大統領選の第1回投票、マクロン氏がトップ=世論調査

[パリ 21日 ロイター] - 21日に公表されたエラベの世論調査によると、23日に行われるフランス大統領選挙の第1回投票の支持率は、中道系独立候補のマクロン前経済相が24%(前回調査と変わらず)となり、トップとなった。

極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は21.5%(1.5ポイント低下)と2番手。中道・右派の統一候補であるフィヨン元首相は20.0%(0.5ポイント上昇)、急進左派のメランション氏は19.5%(1.5ポイント上昇)となった。

マクロン氏とルペン氏が決選投票に進んだ場合、マクロン氏が65%を獲得し、ルペン氏の35%を上回ると予想されている。

メランション氏が決選投票に進んだ場合、ルペン氏やフィヨン氏に対しては大差で勝利する見込みだが、マクロン氏に対しては41%対59%で敗北するとみられている。

世論調査は、パリのシャンゼリゼ通りで発生した銃撃事件が起こる前の19─20日に実施された。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  8. 8

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  9. 9

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  10. 10

    北ミサイルがもし東京に着弾なら

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。