記事

仏大統領選の第1回投票、マクロン氏がトップ=世論調査

[パリ 21日 ロイター] - 21日に公表されたエラベの世論調査によると、23日に行われるフランス大統領選挙の第1回投票の支持率は、中道系独立候補のマクロン前経済相が24%(前回調査と変わらず)となり、トップとなった。

極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は21.5%(1.5ポイント低下)と2番手。中道・右派の統一候補であるフィヨン元首相は20.0%(0.5ポイント上昇)、急進左派のメランション氏は19.5%(1.5ポイント上昇)となった。

マクロン氏とルペン氏が決選投票に進んだ場合、マクロン氏が65%を獲得し、ルペン氏の35%を上回ると予想されている。

メランション氏が決選投票に進んだ場合、ルペン氏やフィヨン氏に対しては大差で勝利する見込みだが、マクロン氏に対しては41%対59%で敗北するとみられている。

世論調査は、パリのシャンゼリゼ通りで発生した銃撃事件が起こる前の19─20日に実施された。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    神戸児童殺傷20年 変わらぬ偽善

    門田隆将

  2. 2

    北の核開発阻止には戦争しかない

    WEDGE Infinity

  3. 3

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  4. 4

    40年前の殺人が時効成立しない訳

    三浦義隆

  5. 5

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  6. 6

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  7. 7

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  8. 8

    ビットコインは世界規模のPASMO

    内藤忍

  9. 9

    ソニー完全復活へ 改革のカギは?

    片山 修

  10. 10

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。