記事

仏大統領選の第1回投票、マクロン氏がトップ=世論調査

[パリ 21日 ロイター] - 21日に公表されたエラベの世論調査によると、23日に行われるフランス大統領選挙の第1回投票の支持率は、中道系独立候補のマクロン前経済相が24%(前回調査と変わらず)となり、トップとなった。

極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首は21.5%(1.5ポイント低下)と2番手。中道・右派の統一候補であるフィヨン元首相は20.0%(0.5ポイント上昇)、急進左派のメランション氏は19.5%(1.5ポイント上昇)となった。

マクロン氏とルペン氏が決選投票に進んだ場合、マクロン氏が65%を獲得し、ルペン氏の35%を上回ると予想されている。

メランション氏が決選投票に進んだ場合、ルペン氏やフィヨン氏に対しては大差で勝利する見込みだが、マクロン氏に対しては41%対59%で敗北するとみられている。

世論調査は、パリのシャンゼリゼ通りで発生した銃撃事件が起こる前の19─20日に実施された。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「スバルはマツダ製」という若者

    山本直人

  2. 2

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  3. 3

    蓮舫代表「私の国籍は日本のみ」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    「日本に絶望…」18歳に田原氏は

    BLOGOS編集部

  5. 5

    狙われる50代60代小金持ちオヤジ

    山本直人

  6. 6

    各省人事に官邸の恐ろしい介入

    篠原孝

  7. 7

    AKBの堕落示す大島優子への批判

    小林よしのり

  8. 8

    SMAP独立組が狙う"ネットと中国"

    渡邉裕二

  9. 9

    反日韓国の外交リセットが始まる

    tenten99

  10. 10

    不祥事続き崩壊に向かう安倍内閣

    大西宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。