記事

米フォックスニュース、保守派に人気の司会者を解雇 セクハラ疑惑で

米フォックスニュースは19日、保守派に人気の名物司会者ビル・オライリー氏を解雇したと発表した。複数の女性に対するセクハラ疑惑が取りざたされるオライリー氏の番組からは、50社以上のスポンサーが撤退していた。

フォックスニュースは「疑惑を徹底的かつ慎重に精査した結果(略)ビル・オライリーは復帰しない」と短く声明で発表した。

オライリー氏は今月12日から休暇中で、19日にはローマ法王庁でフランシスコ法王と握手する様子が撮影されている。

セクハラ被害を訴えた女性たちに、フォックスニュースが計1300万ドル(約14億3000万ドル)を支払ったと明らかになって以来、オライリー氏の降板を求める女性団体などの圧力は高まり、オライリー氏が司会する番組「オライリー・ファクター」のスポンサー企業のうち50社が、スポンサー契約を終了させていた。

フォックスニュースの開局当時からアナウンサーを務めてきたオライリー氏は、一切の疑惑を否定。

「まったく根拠のない主張を原因に、このような別れ方をしなくてはならないとは、非常に残念だ」とオライリー氏は、解雇後にコメントを発表。

「しかし残念ながら、世間の目にさらされる私たちは今のこの世の中では、そういう現実の中で生きている」

1996年に放送が始まった「オライリー・ファクター」は、平日夜放送の60分番組で、政治の話題を中心としたトークショーだった。保守層の視聴者の多いフォックスニュースの看板番組のひとつで、1回の視聴者数は400万人近く。

フォックスニュースによると、同社の出演者タッカー・カールソン氏が後任を務めるという。

21世紀フォックス社内向けのメールで同社は、「外部の弁護士たちと共に徹底的に事実関係を精査」した後に、オライリー氏の解雇を決めたと説明。同社のルーパート・マードック会長と息子のラクラン氏とジェイムズ氏による連名の手紙は、オライリー氏について「ケーブルニュースの歴史で最も優れたテレビ・パーソナリティーのひとり」と称えた。

同社はさらに社内に対して、「信頼と尊敬の価値を基盤にした職場環境の育成」に努める方針を強調した。

オライリー氏に対しては複数のセクハラ疑惑が指摘されていた。最も最近では18日夜、フォックスニュースの元事務職員だったアフリカ系米国人女性が弁護士を通じて、2008年にオライリー氏に嫌がらせを受けたと発表した。

リサ・ブルーム弁護士は、匿名の依頼人がオライリー氏に「ホットココア」と呼ばれていたと説明。オライリー氏がこの女性を「まわりに誰もいない時にいつも、いやらしい目つきでじろじろと眺め」続けたため、女性は身の危険を感じていたという。

フォックスニュースでは2016年、最高経営責任者(CEO)だったロジャー・エイルズ氏が、同局のアナウンサーだったグレッチェン・カールソン氏にセクハラで訴えられた後に辞任。同社の評判は大きな打撃を受けた。

オライリー氏という局の「顔」のひとりだった名物司会者に対するセクハラ疑惑が膨れ上がるなか、親会社の21世紀フォックスとしては守りきれないと判断したのではないかと消息筋は見ている。

巨大メディア事業を展開するマードック一族は、英国の衛星テレビ局「スカイ」を約140億ドル(1兆5000億円超)で完全子会社化しようとしており、英規制当局の審査を受けている最中。欧州委員会は今月初め、21世紀フォックスがスカイ株の残り61%を取得することを承認している。

複数の21世紀フォックス関係者は米メディアに対して、マードック会長はオライリー氏の留任を希望していたが、息子で同社CEOのジェイムズ氏が、オライリー氏を解雇すべきと主張したという。

<解説> アンソニー・ザーチャー、ワシントン

ビル・オライリー氏がセクハラ行為で糾弾されるのは、新しいことではない。過去にもたびたびぶくぶくと湧き上がっては、何百万ドル単位の和解金のおかげで、そっと脇へと追いやられてきた。

しかしここへきてついに、ケーブルニュース保守派トーク番組の一人者が、セクハラ疑惑で番組を追われることになった。

何が変わったのか? 取り沙汰されたセクハラ行為が生々しく赤裸々だったからか? 抗議行動のせいか? コマーシャルのスポンサー企業が次々と撤退したから? 欧州の放送局「スカイ」を買収したい21世紀フォックスにとって都合が悪いから?

このすべてがおそらく、オライリー氏の降板につながったのだろう。しかしいわゆるダムに最初のひびが入ったのは、フォックスニュースのエイルズCEO自らがセクハラ・スキャンダルで解任された時だった。

フォックスという保守派テレビ帝国を築き上げたエイルズ氏その人が、自らの下品なふるまいで失脚するなら、例外はあり得なかった。オライリー氏だろうと。

ドナルド・トランプ時代のフォックスニュースにようこそ。エイルズ氏はいない。オライリー氏もいない。

人気アナウンサーのメギン・ケリー氏はNBCへと脱出した。唯一残る大物と言えば、トランプ氏の大ファン、ショーン・ハニティー氏しかいない。

バラク・オバマ前大統領にとことん対立することで、放送局としてのアイデンティティーを確立したフォックスは、今では目標を失い漂流しているように見える。今ではフォックスよりもはるかに過激に保守的で、左派を激しく敵視する右派メディアとの競争にもさらされている。

フォックスニュースは今や厄介な立場にいる。自分たちの成功と、そして慢心の犠牲になったのだ。

(英語記事 Fox News: Bill O'Reilly out after harassment claims

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民主党終わらせた菅元首相の一言

    中妻穣太

  2. 2

    ジャンプ編集部女子トイレに批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    TVドラマは「捜査一課」だらけ

    山本直人

  4. 4

    お金持ちほど簡単にお金が増える

    内藤忍

  5. 5

    トランプ氏朝鮮情勢で爆弾発言か

    高英起

  6. 6

    米国でも麻生節 メディアも注目

    NewSphere

  7. 7

    日本は北朝鮮危機への"解がない"

    三浦瑠麗

  8. 8

    空母は撃沈可能と虚勢張る北朝鮮

    沢利之

  9. 9

    森会長の「遺書」に10の間違い

    上山信一

  10. 10

    現時点で米朝戦争の可能性はゼロ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。