記事

元トヨタマンが超小型4人乗りEVを開発

1/2
ジャーナリスト 吉村克己=文 FOMM、日本能率協会=写真提供

世界の自動車業界がガソリンから電気自動車にシフトしつつある中、画期的な4人乗り超小型電気自動車が、日本で生まれた。開発したのは、スズキ、トヨタで自動車開発に携わってきた鶴巻日出夫社長。わずか220万円の資金を元手に、たった1人で開発を始め、タイでの量産にこぎ着けようとしている。

■緊急時に水に浮く世界最小4人乗り自動車

鶴巻日出夫・FOMM社長

気軽に短距離を走れる「超小型モビリティ」が注目を集めている。国土交通省でも自動車メーカーなどの協力を得ながら実証実験を行っている。ところが、これらの超小型車は1~2人乗りである。FOMMを創業した社長の鶴巻日出夫(54歳)は「ドアもクーラーも付いた4人乗りの超小型EV(電気自動車)を作りたいと思った」と言う。

「自宅から駅や買物などの短い距離、いわゆる“First One Mile”を運転するのにふさわしいMobility(モビリティ)を世の中に提供したいという想いを込めて、社名を『FOMM』にしたのです」と鶴巻は言う。

そして、世界最小クラスの4人乗り超小型EV『FOMM Concept One』(フォム・コンセプト・ワン=以下、Concept One)は生まれた。2014年2月に試作1号車が発表され、現在4号車となり、ほぼ完成形に近づいた。

Concept Oneは、全長約2.5m、全幅約1.3m、全高約1.6mというコンパクトさにも関わらず、運転席に乗ると意外とゆったりしている。というのも、足下はブレーキペダルのみで、ハンドル周りにアクセルレバーを配したことで、室内空間を広く取ることができたのだ。ペダルはブレーキしかないので、高齢者でも踏み違えることはなく安心だ。

エアコンはオプションだが、電動コンプレッサー式の本格的なエアコンを用意している。小型EV向けのエアコンはこれまでなかったので、大手メーカーと共同で開発した。

前輪のホイールにモーターを内蔵したFFインホイールモーターで、高効率かつ応答性の高い走りを実現。実際に試乗してみると、加速もよく、軽快に走れる。ブレーキを踏むと、回生装置が作動し、運動エネルギーを電気エネルギーに変換して回収するので、バッテリー消費を抑えられる。

バッテリーは着脱可能なカセット方式で、4個を直列でつなぐ。フル充電で航続距離は約150km(JC08モード)、エアコン稼働時では約100km走る。ガソリンで換算すると、燃費は1リッター当たり約100kmと、環境に優しい省エネタイプである。

Concept Oneにはもう一つ、すごい特技がある。なんと水に浮き、しかも水上を移動できるのだ。ドアなどから一切水が入らないような設計で、タイヤホイールがスクリュー状になっており、水を吸い込んで、後ろに吐き出すことで水上を前進できる。

■現地生産で「タイの国民車にしたい」

水に浮くというアイデアは、鶴巻の母親のひと言から生まれた。母親は足が悪く、万が一、津波に襲われても「私は逃げない」と鶴巻に言った。

世界最小クラスの4人乗り超小型EV「FOMM Concept One」。

「東日本大震災では、車で逃げようとした人が大津波によって不幸にも被災しました。母の言葉を聞いて、水に浮く車があれば、命を救うことができると思ったのです。それに、タイでも水害が多く、水没車に保険がきかないので、水に浮く車があれば役に立つと思いました。実際、タイの人達は喜んでくれています」

実はConcept Oneは、タイで量産され、まずはタイ国内でのみ販売されることになっている。タイのプラユット首相は、タイをEVのハブにするため、EV普及を推進しており、EVバスも実証実験中だ。また、2015年8月にはEV協会も発足し、FOMMも会員となった。

「Concept Oneをタイの国民車にしたい」と鶴巻は言う。

実は、日本国内ではまだ超小型モビリティを公道で走らせるための法制度が整っていない。国交省では、道路運送車両法で規定されている原付・ミニカーと軽自動車との間に新たなカテゴリーとして超小型モビリティを約60年ぶりに制定しようと動いているが、まだ、そのロードマップが明らかではない。しかも、この規定では乗車定員が1~2人とされ、4人乗りは想定されていない。仮に道路運送車両法が改正されても、当面、Concept Oneは国内を走らせることができないことになる。

「そのため、当初から開発は国内、量産と販売は海外と決めていました。最初はインドネシアも考えたのですが、やはりタイは自動車部品メーカーも多いので、現地生産がしやすいのです。足回りとモーターは日本のメーカー製ですが、大部分の部品はタイで調達し、組立も現地で行います。タイの企業とジョイントベンチャーを設立し、販売開始初年度は4000台を販売目標としています」

バッテリーはリース方式も検討中で、バッテリー交換ステーションを設けて、充電済みのバッテリーと交換できる体制を整備する。バッテリーの不法投棄を防ぎ、リサイクルできるので無駄がない。リースには低価格版と標準価格版の2種類のメニューを予定している。現在、バッテリーメーカーと最新式バッテリーを開発中だという。

バッテリー交換ステーションは、タイの精油・石油販売2番手のバンチャク・ペトロリアム社と提携し、同社の持つ1000カ所のガソリンスタンドのうち200カ所程度に設置する予定で、まずは53カ所からスタートする。

2018年4月にはタイでの販売を予定、その後はマレーシアやインドネシアをはじめとしたアジア諸国や、欧州にも販路を拡大したいとしている。

あわせて読みたい

「EV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    素人の妊娠中武勇伝は命に関わる

    Chikirin

  3. 3

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  4. 4

    安倍首相の外交 海外から揶揄

    秋原葉月

  5. 5

    希望の党 変調の陰にいた人物は

    早川忠孝

  6. 6

    古谷経衡氏が音喜多氏を痛烈批判

    AbemaTIMES

  7. 7

    貧困状態の子 学力が小4から低下

    日本財団

  8. 8

    日本のキャッシュレス化遅い理由

    AbemaTIMES

  9. 9

    内定辞退に学生「選択肢ある」

    AbemaTIMES

  10. 10

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。