記事

曙太郎 巡業先で“緊急入院”「本当の容態」 - 「週刊文春」編集部

糖尿病に苦しんでいたとも ©文藝春秋

 4月12日、元横綱でプロレスラーの曙太郎(47)が福岡県内の病院に緊急入院した。

 曙の所属事務所「王道」はホームページ上で、〈右脚蜂窩織炎と感染症により現在、病院にて療養中〉と発表したが、事情を知るプロレス関係者は、「容態はかなり厳しいと聞いてます」と証言する。この関係者によると、前日に福岡県大牟田市でプロレスの試合をした曙は、12日朝に体調不良を訴えて、福岡県内の病院を訪れた。当初は、一般病棟で点滴などを受けていたが、容態が急変。一時は心停止の状態になり、集中治療室に移されたという。

「少なくとも13日の時点では、意識不明の状態でした」(同前)

 一方で「王道」関係者は曙の容態をこう説明する。

「本日(17日)、担当医師からは体内に菌が入った感染症と説明を受け、菌を取り除く治療が始まっています」

 詳細は、4月20日発売の「週刊文春」4月27日号で報じている。

あわせて読みたい

「有名人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    神戸児童殺傷20年 変わらぬ偽善

    門田隆将

  2. 2

    北の核開発阻止には戦争しかない

    WEDGE Infinity

  3. 3

    加計質問は日本獣医師会のため?

    玉木雄一郎

  4. 4

    40年前の殺人が時効成立しない訳

    三浦義隆

  5. 5

    高須氏訴訟に弁護士が厳しい指摘

    壇俊光

  6. 6

    阿川さん結婚に敗北感抱く人たち

    寺林智栄

  7. 7

    菊川怜はハイスペ女子の希望か

    幻冬舎plus

  8. 8

    ビットコインは世界規模のPASMO

    内藤忍

  9. 9

    ソニー完全復活へ 改革のカギは?

    片山 修

  10. 10

    NHK 共謀罪への露骨な世論誘導

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。