記事

曙太郎 巡業先で“緊急入院”「本当の容態」 - 「週刊文春」編集部

糖尿病に苦しんでいたとも ©文藝春秋

 4月12日、元横綱でプロレスラーの曙太郎(47)が福岡県内の病院に緊急入院した。

 曙の所属事務所「王道」はホームページ上で、〈右脚蜂窩織炎と感染症により現在、病院にて療養中〉と発表したが、事情を知るプロレス関係者は、「容態はかなり厳しいと聞いてます」と証言する。この関係者によると、前日に福岡県大牟田市でプロレスの試合をした曙は、12日朝に体調不良を訴えて、福岡県内の病院を訪れた。当初は、一般病棟で点滴などを受けていたが、容態が急変。一時は心停止の状態になり、集中治療室に移されたという。

「少なくとも13日の時点では、意識不明の状態でした」(同前)

 一方で「王道」関係者は曙の容態をこう説明する。

「本日(17日)、担当医師からは体内に菌が入った感染症と説明を受け、菌を取り除く治療が始まっています」

 詳細は、4月20日発売の「週刊文春」4月27日号で報じている。

あわせて読みたい

「有名人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    民主党終わらせた菅元首相の一言

    中妻穣太

  2. 2

    ジャンプ編集部女子トイレに批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    TVドラマは「捜査一課」だらけ

    山本直人

  4. 4

    お金持ちほど簡単にお金が増える

    内藤忍

  5. 5

    トランプ氏朝鮮情勢で爆弾発言か

    高英起

  6. 6

    米国でも麻生節 メディアも注目

    NewSphere

  7. 7

    日本は北朝鮮危機への"解がない"

    三浦瑠麗

  8. 8

    空母は撃沈可能と虚勢張る北朝鮮

    沢利之

  9. 9

    森会長の「遺書」に10の間違い

    上山信一

  10. 10

    現時点で米朝戦争の可能性はゼロ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。