記事

ルポ・生きづらさを感じる人々~出会い系や援助交際などを経て、生きることを模索した日々〜奈保の場合

1/2

いじめ、虐待、両親の離婚、長時間労働、パワハラ…。様々な理由から、自分を肯定できなくなった結果、“生きづらさ”を抱えることになる人たちが、現代社会では数多く存在する。

そうした人たちは、自身の”生きづらさ”とどのように向き合い、日々を過ごしているのだろうか。彼ら、彼女たちが抱える”生きづらさ”とはどのようなものなのだろうか。様々な事例を通してレポートする。

虐待 生きている意味がわからない

虐待やいじめ、性的被害を経験した奈保(27、仮名)は、出会い系サイトやSNS、SMサイト、援助交際などを通じて、自分自身を模索し、居場所を求め続けた。今は学びの中で生きることの模索をしている。

奈保が初めて「死にたい」と思ったのは3歳の頃だった。若者の自殺をテーマに取材をしていると、10歳以前から「死にたい」「生きたくない」と感じ始めていたという話を聞くことがある。奈保も早い時期から感じていた。きっかけは父親から物差しでたたかれていたことだ。

「私が私でいる意味がない」

虐待された奈保はそう思い始めた。父親なりに何かしらの理由があったのかもしれない。奈保は3歳なりに叩かれた意味を考えたのだろうが、わからないでいた。理不尽さを感じていた。その後、そんな父親とは離れることになる。

母親は知的で合理的な考えをする人だった。キリスト教プロテスタント系の信者でだった。カトリック系の信者の父親と大学時代、留学先で知り合ったという。しかし、父親は浮気し、その後、浮気相手の女性との間に子どもができた結果。結局、両親は離婚した 。母親側についた奈保はこう考えた。

 「なんで私は生かされているんだろう」

生きている意味がわからないでいた。虐待をうけた子どもは、奈保に限らず、そう感じることがある。

いじめ 自分を肯定してくれる存在はいない?

小学生のとき、奈保と母親は都内の市部に引っ越して来たが、1年から5年までいじめられ続けた。街を歩いていると、ボールをぶつけられたりもした。2年生のときは、6年生の男の子に校長先生が叱ってくれた。  こんな経験があったために、奈保は大人に取り入った。表立ってはいじめもなくなり、男の子たちも優しくしてくれた。

「年上には仲良くしてもらえるのですが、同世代がダメですね」

母親は仕事が遅く、夜10時ごろに帰宅していた。姉も当時は高校生で、朝は部活、夜はバイトで忙しかった。鍵っ子となり、学校が終わると学童保育に通っていたが、そこでもトラブルに遭遇するがあった。年上の女の子から平手打ちをされたのだ。理由はその女の子が好きな男の子からプレゼントをもらったことが面白く思われなかった理由だった。

「『なんでだろう?』と考えたりした。自分を肯定してくれる存在はいないんじゃないか」

いじめの積み重ねにより、自分が受け入れられないことを自覚していく。小学校4年のころになると「どうして生きているんだろう」という疑問を感じた。

「なんのために生きているのか。自分以外の人はちゃんと愛されている。自分はそうじゃない。何もできない」

居場所がないと感じた奈保は6年生のとき、長野県にの山村留学をした。山村留学とは、大自然の中でホームステイ先の“家族”と過ごし、地元の小中学校に通うものだ。母親が忙しく、姉が海外へ留学したことも契機だった。

一年目は新しい人間関係と環境を受け入れて、楽しむばかりだった。しかし、しばらくすると学校が荒れ出した。山村留学にはもともといた学校に馴染めない子どもたちが来ていた。そのため統率が取れなくなってきていたのだ。

性的被害にあう。「抵抗したところでやめるわけない」

そんな矢先に、ホームステイ先の“父”が地元の村長選に出ることになり、ホームステイどころではなくなった。自分を含めて、3人の子どもが別のホームステイ先に引っ越す。そこではもともと男の子3人を預かっていたが、そこで、奈保はレイプされそうになった。

小学校5年生のころにはすでにバストはDカップだった奈保は、夏祭りで男の子に会うと、「お前、おっぱいを揉ませろ」と言われることも頻繁にあった。そうしたこともあってか襲われたのだ。しかし、逃げることができた。

「相手が興奮しすぎて、スキができて、逃げることができた」

手を出して来た男の子には彼女がいた。性的対象になったこと自体では傷つかなかったが、自分の価値はいったいなんなのか、と悩んだ。こんなこと、誰にも相談できないでいた。

夏休みになり、東京の実家へ。このころも性的被害にあう。池袋を歩いていて、知らない人にいきなりキスされた。そして、カラオケボックスに連れて行かれ、強姦された。状況を考える余裕もなく、パニック状態だった。「抵抗しないんだ?」と言われたが、奈保はこう思った。 

「抵抗したところでやめるわけではないだろう」

筆者は性的被害を受けた人の取材をすることもあるが、抵抗しない人もいたりする。それは、望んだからではない。抵抗すれば、殴られたり、殺されるのではないか、との恐怖があるから、と聞いたことがある。奈保の場合は、恐怖以前に、パニック状態だった。

夏休み明けに長野県に戻った。すると、ホームステイ先で他の女の子も性的被害を受けていることがわかった。そのことが公になり、指導員から呼び出された。何があったのかを素直に話した。誰にも言えなかったことがそのときは性的被害にあったことを告白できたという。

「東京へ帰るか?」

指導員はそう言った。気を遣ったのだろうが、奈保は「見捨てられる」と思った。ただ、加害者の男の子が山村留学をやめることになったため、居場所は確保できた。ただ、このころから、奈保はリストカットするようになった。

「小さいころから手首に爪をあてて、痛みを我慢した。体の痛みで心の痛みを我慢した。この程度では気がつかれない。ただ、山村留学のときは手首を切った。誰かに助けてもらえることを覚えたから」

出会い系、SNS、SMサイトに居場所を求める

中学一年の秋、都内へ戻った。山村留学は一年の期限付きだったためだ。東京に戻ってからは母親から携帯電話を親から持たされた。そこで出会い系サイトへアクセスした。

〈彼氏が欲しいです〉

そう書いて、反応を待った。会ったのは一人だけ。基本的には、広島在住の男の子とメールを繰り返した。ところが、出会い系サイトへのアクセスがバレてしまう。母親は怒って、携帯を水没させた。ただ、忙しい母親との連絡手段がないのも問題だと感じたのか、母親はPHSを与えた。

中2になると、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)のミクシィで、20代後半の男性とつながった。命令口調のメッセージを送って来たが、「メールだけだったが、命令してくれるのは楽だった」と奈保は振り返る。

SMサイトにアクセスするようにもなった。当初はメッセージ交換だけだったが、半年で“調教”される。自分の存在価値を悩んでいた奈保だが、女性性を利用することで男性が寄ってくることを知る。だが、こうも感じた。

「胸が大きく、セックスアピールはあるが、自分自身は醜い」

中学2年というと14歳。一般の成人男性にとっては未成熟。恋愛や性愛の対象になりにくい。性的な対象と見られないことで、自信を失う。自分の価値は性的な存在だと感じていた奈保にとっては、価値観が混乱する。一方で、性的対象になったときは自信を持てた。

「セックスしてしまえば、私が勝ちって思う。快楽で相手を支配することができる」

セックスでの支配欲を持つようになった奈保は、濃密な人間関係は避けたいと思っていた。

「相手から求められると、私からの興味は薄れる。私ではなく、女性性を見て欲しい」

援助交際。自分を大切にすることがわからない

このころは、女性性によって男性を支配することで、自分を保っていた。SMサイトだけでは飽き足らず、再び出会い系サイトへアクセス。今度は援助交際をした。1日3人ということもあった。3年生の終わり頃までに100人以上は経験した。 

「男性にはそれほど興味はない。お金が欲しかったわけでもない。お金に困ったわけでもない。対価をもらったが、あげたもののほうが多いと思う」

出会い系サイトでの援助交際ばかりではない。池袋駅付近で声をかけられ、2万円でしたこともある。また、「○○(地域名)のほうが相場がいい」と聞かされ、場所を決めて、3、4万円でしていた。「どうして普通の子がこういうことするの?(援助交際であっても)ご飯だけ、という人のほうが多いんじゃない?」と質問されたこともあった、という。

「自分を大切にするということがわからない。何か傷ついている人に癒してあげている。こっちは誰でもいい。相手も誰でもいい。そこでのマッチングをしているだけ」

援助交際をしているうちに、「女性としての価値が下がる」と思うようになっていく。また、「誰でもいい」のではなく、「私を選んで」と思うようになった。そんなときに、ミクシイで知り合った彼氏との出会いがあった。17歳上の人だった。

あわせて読みたい

「出会い系サイト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    水原希子ヘイト騒動 本人も問題?

    メディアゴン

  3. 3

    最低の解散に河野外相賛成するか

    郷原信郎

  4. 4

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  5. 5

    「僕はゲイ」32歳の告白に家族は

    ビッグイシュー・オンライン

  6. 6

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  7. 7

    ローラを守れ 大物芸能人が支援

    NEWSポストセブン

  8. 8

    豊田氏が会見「死んだ方がまし」

    AbemaTIMES

  9. 9

    車道ベビーカーなら「日本死ね」

    花水木法律事務所

  10. 10

    米トイザラスが破産 過去最大級

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。