記事

安倍政権閣僚の相次ぐ失言

今年に入って、安倍政権の閣僚が、失言を繰り返し、発言を撤回して謝罪するなどの、情けないことが相次いでいます。

昨日17日には、山本幸三地方創生担当大臣が、16日に大津市内で開かれた地方創生セミナーで、観光客への対応を巡って、学芸員を「がん」と呼んだことについて、撤回して謝罪しました。山本大臣は、外国人観光客に対する文化財の説明や案内が不十分として、「一番のがんは文化学芸員」「一掃しないと駄目」と述べました。約500人いる学芸員や研究者でつくる「全日本博物館学会」の会長は、「学芸員の仕事を何も知らないと感じた」と憤っている、と報じられています。学芸員は、博物館法に定められた専門的職員で、資料の収集、保管、展示や調査研究などが職務です。山本大臣は、重要文化財に指定されると火も水も使えず、花を生けるのも駄目、お茶もできない、とも発言していますが、これは事実誤認とのこと。

この大臣の他にも、金田法務大臣が、「組織犯罪処罰法改正案は国会提出後に議論すべきだ」という文書を出して、撤回して謝罪。

稲田防衛大臣は、森友学園の訴訟に関与していないとした答弁を撤回し、「裁判所に出廷したのを確認したので訂正し、おわびしたい」と。

また、今村復興大臣は、東京電力福島第一原発事故に伴う自主避難者への対応を巡って記者会見で「どうするかは本人の責任、判断だ」と。

鶴保沖縄北方担当大臣は、米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設中止を求める県の動きを念頭に「ポジショントークするような向きも、ないではないかもしれない」と語りました。

いずれの大臣も、謝罪するだけで、大臣を続投しています。失言で辞任をしたのは、昨年秋に台風の被災地を視察した際、長靴を持参せずに政府職員におんぶされた問題に関連して「政府が持つ長靴がえらい整備された。長靴業界はだいぶもかったんじゃないか」と自身のパーティーで発言した務台内閣府政務官兼復興政務官だけです。

1強多弱の国会情勢、官高党低で官邸が強すぎる状態の中で、おごりやゆるみが出ているとしか思えません。野党にもがんばってもらって、もっと力が拮抗した、緊張感のある状態にする必要があると思います。

あわせて読みたい

「第3次安倍第2次改造内閣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  3. 3

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

  5. 5

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  6. 6

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  7. 7

    石破氏 自民党は議論の自由ない

    『月刊日本』編集部

  8. 8

    外務省は韓国の告げ口外交許すな

    tenten99

  9. 9

    麻央さん死去 報道の姿勢に苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    中田宏氏 私も秘書に暴言吐いた

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。