記事

論功行賞の材料になり下がった日銀審議員人事

「『三菱系2人は衝撃だ』。 政府が日銀の審議委員人事を提示した18日午前、あるメガバンク系証券の役員は驚きの声を上げた。提示されたのは三菱東京UFJ銀行の鈴木人司氏と三菱UFJリサーチ&コンサルティングの片岡剛士氏。片岡氏はいわゆる銀行枠ではないが、三菱が2つ重なるのは異例だ」(18日付日経電子版

日銀審議員の人事が、論功行賞に使われる愚。日本の金融政策が低次元になるのも当然。

今回の人事で、政策委員会から反黒田派が消えた。今後の政策委員会はシャンシャン委員会になる可能性も。日銀の金融政策が日本経済にポジティブに働く可能性はほぼなくなったといえる。

日銀審議員を目指して政府、日銀にヨイショし続けて来た証券業界のエコノミスト達の中には落ち込んでいる者もいるはずだ。

今回の人事で唯一期待できるとしたら、今後民間エコノミストのコメントが辛口になるかもしれないというところ。それが客観性を持った分析に基づいた主張であれば、今回の論功行賞も無駄ではないということになる。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  2. 2

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  3. 3

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  4. 4

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  5. 5

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  6. 6

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  7. 7

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  8. 8

    高齢者が支配する老人ホーム日本

    ヒロ

  9. 9

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

  10. 10

    「原爆の日」に感じた違和感

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。