記事

ポンドが英総選挙前倒しで急伸、ドル全面安=NY市場

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ポンドが対ドルで急伸し、一時半年以上ぶりの高値を付けた。英国のメイ首相が総選挙を前倒しで実施する意向を表明したことで、与党が勝利して欧州連合(EU)離脱交渉を行う政権の基盤が強固になるとの見方が広がった。

米国債利回りの低下などを背景にドルは主要通貨に対して全面安となった。

終盤のポンド/ドル<GBP=>は2.19%高の1.2836ドル、ドル/円<JPY=>は0.35%安の108.51円、ユーロ/ドル<EUR=>は0.82%高の1.0727ドルだった。

メイ氏は6月8日に総選挙を行う方針を示し、ブレグジット(EU離脱)計画への国内の支持をさらに高めてEUに対する交渉力を強める必要があると説明した。

クレディ・スイス(ニューヨーク)のFXストラテジスト、アルビス・マリノ氏は総選挙の前倒しについて「ブレグジットに向けて英国の政治をより安定化させる動きで、それ自体は好ましい材料だと市場で解釈されている」と述べた。

ポンド/ドルは昨年12月の高値1.2774ドルを突破すると買いに弾みがつき、昨年10月初め以来の高値となる1.2904ドルまで上昇する場面があった。

この日は、フランス大統領選第1回投票や北朝鮮情勢を巡る不透明感から米国債利回りが低下し、主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.76%安の99.531となった。一方、安全通貨とされる円は買われた。3月の米製造業生産が予想外のマイナスとなったこともドルを圧迫した。

ゴールドマン・サックスは、トランプ米大統領によるドル高懸念発言などを理由にドルの買い持ち推奨を撤回した。

ドル/円 NY終値 108.40/108.45

始値 108.81

高値 108.99

安値 108.32

ユーロ/ドル NY終値 1.0732/1.0735

始値 1.0663

高値 1.0736

安値 1.0665

*内容を追加して再送します。

あわせて読みたい

「為替」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計理事長のドサクサ会見は卑劣

    宮崎タケシ

  2. 2

    香川が名乗り 仲間も予想外のPK

    文春オンライン

  3. 3

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  4. 4

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  5. 5

    新幹線を叩くマスコミに違和感

    MAG2 NEWS

  6. 6

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ドンファンが語っていた新妻S

    MAG2 NEWS

  8. 8

    飲酒で出社 フジテレビの思い出

    幻冬舎plus

  9. 9

    キンコン西野 大阪地震でSNS炎上

    女性自身

  10. 10

    W杯は現場よりTVで観た方がいい

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。