記事

「水で満たされたバケツ」と働きがい

今、多くの日本人が向き合っている仕事は「既に満たされているニーズをどうにかして更に満たそうとする」もののように感じます。



まだまだ使えるテレビを買い換えさせるために、日夜新機能を追加している人たちがいます。


もっともっと自社の砂糖水を飲んでもらうために、日夜メッセージを考えている人たちがいます。


移動手段にもう満足している都市部の若者に、なんとかして車を売ろうと努力する人たちがいます。



上で挙げたような「既に満たされているニーズ」を更に満たすような仕事は、多くの場合ワクワクしません。人の生活を劇的に変化させることも、世界を変えることもないからです。ともすると、作り手側も世界を変えられるプロダクトだと信じ切っていないことすらあります。




学生や若手起業家のヒアリングをしていると、若い世代の多くは、「まだ満たされていないニーズを満たす仕事」を求めているように感じます。


世界には巨大な貧困があること、日本にも救われない人たちがいること、これからの日本がこのままでは暗いことを僕たちの世代は良く知っています。



世界が課題に溢れていることを知っている世代は、スティーブ・ジョブズがペプシコの社長に伝えたという、


「残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいか、それとも世界を変えるチャンスが欲しいか?」


という言葉と、仕事の中で向き合うことになります。


外部でも活躍できる優秀な人材は、満たされたバケツを捨て、世界を変えるチャンスを掴みに行くでしょう。



経営者やマネージャーの方は、社員に「満たされたバケツ」を渡していないか、今一度チェックしてみると良いのではないでしょうか。



震災以降、働くマインドもシフトしています。短期的には、社会貢献活動の推進、プロボノの導入や、BOPビジネスの検討といった選択が働く人々にとって魅力的になりつつあるように思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  2. 2

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  4. 4

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  5. 5

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  6. 6

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  7. 7

    タイで男を買い妊娠した30代女性

    fujipon

  8. 8

    高須院長 南北合同の五輪に激怒

    NEWSポストセブン

  9. 9

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  10. 10

    童貞イジりの解消で失われる文化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。