記事

女子大生の”眼差し”をテレビも学ぶべき!? 「ビビット」BPO審議入りに想う

1/2

愛犬を抱くホームレス男性のSさん

TBS「直撃ライブ ビビット」のBPO審議入りを決めたきっかけを作ったのは、ある女子大生のこんな一言だった。

「テレビがこんな姿勢で放送していいんですかね? 相手は同じ人間なのに…」

そんな言葉で私に食ってかかったのは、ジャーナリズムについて学んでいる教え子の女子大生Nさん(21歳)だった。

彼女はテレビの報道に対して、明らかに怒っていた。

「なんでテレビはこういう人をよってたかっていじめるような報道をするの?」「他にもっとやるべきことはあるんじゃないですか?」

彼女は1年前、私が教えるゼミの課題で多摩川の河川敷で暮らすホームレス男性Sさんのドキュメンタリーを制作していた。70歳でホームレスをしているSさんは犬や猫合わせて約20匹とテントで暮らしている。かつてその近くの高校に通ったことがあるNさんは偶然Sさんを見つけて、「ドキュメンタリーで撮りたい」と考えて足繁く通うようになった。気難しい面があるSさんの取材にはけっこう苦労したという。突然、「もう撮影は止めてほしい」と言われたこともあったが、彼女は粘り強く通い続け、Sさんの信頼を勝ち得るようになった。

本人の許可を得た末の取材の成果を15分程度の映像作品に仕上げた。人に捨てられた犬猫を見ると放っておけない社会の底辺で生きる初老のホームレスとペットブームの陰で傷つく動物との奇妙な共存生活を描いた心優しい物語。どこかユーモラスで人間の弱さや動物への共感、人が持つこだわりへの柔らかい眼差しを感じさせるその作品は、ドキュメンタリー映画のコンクールでも高く評価されて入賞していた。

ところがこのSさんがその後、匿名とはいえ、テレビのニュースなどでバッシングの対象になり始めた。そのことでNさんは心を痛めていたのだ。

Sさんが放し飼いする小型犬が近くを歩いていた住民を噛んで苦情が上がり、「狂犬病の予防接種をしていない」「近所迷惑だ」などの報道が昨年後半から相次いでいた。そのたびテレビで登場するSさんは、顔にモザイク・ボカシを入れられたりで顔や姓名まではわからないものの、かえってそれゆえに「普通の人とは違う変わり者」「ルールを守らない困った人間」として描かれた。

事実、それらの番組はSさんについて「法令違反」「不法占拠」などを指摘していた。そもそもホームレスは厳密に言えば道路や公園などをいわば「不法占拠」する人たちである。しかし、家を持たずにそうせざるを得ない社会的経済的な背景や事情等があるために配慮が必要な存在として様々な支援団体や行政などが対策・支援をしている。また、ホームレス生活をする人たちのかなりの割合で精神障害や知的障害などが見られることもホームレス問題に取り組む人たちの間では周知の事実になっている。

「テレビの伝え方は一方的じゃないですか!」

「人間に対して『化け物』などという表現をしていいものですか?」


1月末、 Nさんのテレビ不信がピークに達するような報道があった。

TBSテレビ「直撃ライブ ビビット」もSさんをめぐる騒動を取り上げた時だった。その際、Sさんが周辺の野宿者から 「犬男爵」「人間の皮を被った化け物」と呼ばれているという噂話を想像イラストまで描いて放送。国有地である河川敷を不法占拠するなど法令違反を重ね、行政の命令に従わない要注意人物として描いた。

この番組は多摩川の河川敷で暮らすホームレスを自堕落でお気楽な人たちとして描き、「多摩川リバーサイドヒルズ族」と命名してシリーズ放送されていて、野宿者への偏見に溢れた眼差しを向けていた。この時は「第7弾」として放送された。

こんな放送がマトモなチェックもなく放送されていたことに、テレビの世界に長くいた人間として正直、大きな衝撃を受けた。これを放送したら、とんでもないことになるのでは、と誰も思わなかったとは一体どうなっていたのだろうと。 

2月上旬、私は「ヤフーニュース・個人」の記事を発信し、番組は「ヘイト放送」と言えるもので、本人がもしBPOの「放送人権委員会」に人権侵害を申し立てると放送倫理違反とされる可能性が高いと問題提起した。前述したようにホームレスには知的障害や精神障害を持つ人たちも少なくないが、取材や放送でそうした実態に配慮するのが報道の原則だ。ホームレスを標的にした襲撃など無理解や偏見による暴力事件も後を絶たない。それを誘発しかねない報道ではないかと。

するとホームレス支援の活動をしている団体やこうした現場を撮影する映画監督、小説家などから賛同の声が寄せられた。

2月末、私はNさんに同行してもらって共にSさん本人に会いに行った。TBSが取材した時の経緯を聞くためだったが、Sさんが口にしたのは取材班に「やらせ」を頼まれていたという話だった。「ビビット」の放送ではSさんの不在時にディレクターが犬小屋などを訪れて撮影していると、Sさんが戻ってきて「何やっているんだ。勝手に入りやがって!」と怒鳴りながら登場する場面が出てくる。実はこの場面はTBSから依頼されて演じた芝居だったとSさんは言うのだ。本当だとしたらテレビ局によるさらなる重大な倫理違反といえる。

私は再び「ヤフーニュース・個人」で「ヤラセ疑惑」として記事を発信した。Sさん本人はこう言っているが、TBSは取材映像を検証するなどでやらせ行為がなかったかを検証してほしい、という内容だった。 Sさんが持っていた取材ディレクターの名刺にあった携帯番号に私が電話しても「そんなことするわけがないでしょ?」と事実を否定していたから、取材映像をすべて持つTBSが本気で調べる以外に事実の確認のしようがなかった。

3月頭、TBSは「ビビット」の中で「不適切な点があった」として非を認めて謝罪した。謝罪内容を番組ホームページにも掲載した。そこではSさんに演じてもらうよう依頼していたことも認めた。その後、TBSは社長の定例会見でも同様に事実を認めて謝罪した。

そのうえで今回、BPOは本人の申し立てが必要な「放送人権委員会」ではなく、「放送倫理検証委員会」で審議するということに決めた。女子大生Nさんの素朴な疑問から発した問題提起がオフィシャルな形で決着を見ることになった。BPOの場合、審議入りするかどうかの段階がハードルが高く、いったん審議入りが決まれば委員会としてなんらかのが結論を出す方向が確かという場合が多い。すでにTBS自身が非を認めているのので事実上結論は見えている。

あわせて読みたい

「BPO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  2. 2

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  4. 4

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  5. 5

    衆院選で続出 赤面モノの珍言集

    文春オンライン

  6. 6

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  7. 7

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  8. 8

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  9. 9

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  10. 10

    さんま 息子への愛情に感動の声

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。