記事
  • ヒロ

今週のつぶやき

北米はイースター(復活祭)のホリディ。これはキリスト教信者にとってはクリスマスに並ぶ次ぐ重要なイベントでありますが、どちらかといえば春の訪れのシグナルのような気も致します。私の会社のレンタカー部門は問い合わせの電話が鳴りやまず、バンクーバーの主要ホテルからも問い合わせが入ります。どこのレンタカー店も車が払底しているのでしょう。こういう時は決してカーシェアリングではなく、レンタカーの需要が圧倒的に強く、これから半年は書き入れ時になります。

さて、そんな景気のよさそうな話とは裏腹に株式市場は冴えません。NYも冴えませんが、下落幅は週間で215ドル、率にしてわずか1%ちょうど。一方日経平均は465円、率にして2.5%下落しています。アメリカの株式はドル安⇒資源高⇒株高のシナリオが根底にあります。トランプ大統領の経済政策への期待はすっかり剥げてきましたが、大きく売り込む状況にはありません。また、いよいよ始まる1-3月決算も全般、比較的良好ではないかとの見方が強く、このまま崩れるとは思いにくい状況です。

一方、日本は二つのショックが重なっています。円高と地政学的リスクであります。本来であれば地政学的リスクがあるのなら円は売られるべきなのですが、世界の主要通貨プレーヤーとなると選択肢がそうあるわけではなく最近はこちらのFXでもUS/JPYのペアがしばしば注目され、トレードの規模が厚みを持ってきています。

となれば円高にめっぽう弱い日本の株式が更に地政学的懸念⇒外国人投資家勢が消極的となれば、日本の株式市場の地合いが悪いのはやむを得ないのでしょう。但し、日本も間もなく3月決算の見込みが見えてくる中でさほど悪いものにはならないだろうという期待があり、まずは北朝鮮をめぐる緊張がほぐれるそのタイミング待ちということになりそうです。

ファーストリテイリング(ユニクロ)の9-2月の半期決算が先日ありましたが、値引きを抑えたことと為替が良かったことで純利益は2倍強に膨れ上がっています。売り上げがさほど伸びているわけではない中では企業内体質の改善が高収益を生んだということでしょう。このような決算結果が続々と続けば株価は持ち直すのでしょう。

では、地政学的リスクの中心的問題である北朝鮮とアメリカの対立はどうなるのか、ですが、極めて高い緊張感の中にいることは確かです。そして今日、15日が故金日成氏の105回目の生誕記念日。北朝鮮の街中で祝賀式典の準備に追われているシーンが報道されていましたが、核実験の準備もできているそうで金正恩氏がYESといえば、ボタンが押されるところにあります。この週末はうかうかしていられない、というのが正直なところではないでしょうか?

アメリカはアフガニスタンでも強烈な爆弾を落とし、その戦闘能力の高さをアピールしましたが、アメリカがもし、北朝鮮を攻めるとすれば同じ爆弾を使って100か所以上にばらける軍事施設を狙うのでしょうか?北朝鮮についていつまでもあの状態が続くとは誰も信じていません。必ずその時はやってくるわけでそれが今なのか、という緊張感を持たないわけにはいきません。

ところで経済の話に戻りますが、木曜日の日経に「法定のデジタル通貨 世界の中銀、実証段階に スウェーデン、18年に発行判断 」とあります。要は国の中央銀行がデジタル通貨を国の通貨として発行する準備を進めているということであります。いよいよキャッシュレス時代が訪れるのでしょうか?

建設会社の人の特有現象として財布が立つほどキャッシュを持っている人をしばしば見かけます。私がその業界にいたからであってほかの業界の人もそういう豪快な方はまだいらっしゃるのでしょう。そういえば先日、私どものマリーナの停泊料、約100万円を現金で払っていった中国人がいましたが、こんな人もいよいよ見かけなくなる時代がやってくるのかもしれません。

そうすると街中の両替商はどうなるのか、と勝手な憶測をしてしまいます。日本は両替商が街中にほとんどない世界でも稀な国ですが、世界には必ず数多く存在しているのがこのビジネス。何故か、といえば儲かるからで、片手間商売している店もずいぶんあります。

デジタル通貨化を中央銀行が進めたい理由は大いにあるでしょう。造幣というコストが削減できます。商店は偽札をつかまされるリスクが減ります。(私の従業員もカナダではしばしばつかまされ、マル損してきました。)スマッグリング(smuggling、密輸)を伴うアングラマネーが国際間を行き来するのが防げます。言い換えれば現金とは名前が書けない点において最も普及している最も悪だくみできる資産であります。

先日のブログにも書いたように日本では相続税対策で金庫が売れていてその中に多額の現金を抱え込んでいるそうです。これでは泥棒に狙われやすい格好の標的です。金庫がどれだけ頑強でも命と引き換えに番号を、と言われたらおしまいです。日本人の甘い発想の典型です。昔の銀行強盗はプロフェッショナルで金目だけを盗んでいきました。今の強盗は見つかれば命を平気で奪っていく短絡さがあることは肝に銘じておくべきでしょう。

北米の方はハッピーイースター、日本の方はすっきりしない週末になると思いますが、春めいてきた季節をエンジョイしていただければと思います。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  8. 8

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  9. 9

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  10. 10

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。