記事

アメリカは北朝鮮へのあらゆる対処を準備

アメリカのトランプ大統領は、平和を破壊する勢力には断固として戦う姿勢を見せている。

北朝鮮に対してもミサイル発射や核実験を行わないよう圧力を強めているが、あらゆる対処を想定していることは確かである。

詳しくは話せないが、今年に入って、日米安保条約第6条の適用について実際に可能かを改めてアメリカが調査したとみられる動きもある。

※第6条抜粋

「日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、アメリカ合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される。」

アメリカがあらゆる方法を使うか使わないか。

使わずに北朝鮮が核を放棄し他国への脅威を除去するのであれば、それに越したことはない。

本来は相手が攻撃する気を持たない抑止力を我が国が持つことが、平和を守り国民の命を守るために重要だ。

手を打っていかなければならない。

『米軍、最強の非核爆弾を初使用 アフガンのIS空爆で』(AFP=時事)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000000-jij_afp-int

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    はあちゅうセクハラ告発圧勝の力

    広瀬隆雄

  2. 2

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    東京MXの沖縄・在日ヘイトは最悪

    『月刊日本』編集部

  4. 4

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  5. 5

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  6. 6

    楽天的すぎる楽天の携帯事業参入

    韋駄天太助

  7. 7

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  8. 8

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  9. 9

    なぜ自衛隊は休息を命令するのか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    松本人志 太川陽介の会見を賞賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。