記事

「みんなの知恵を集めたら」「ネットの知恵が薄まった」

1/2

  蜂蜜入り離乳食で乳児死亡、クックパッド「レシピ再確認する」…豚ユッケにも批判噴出 - 弁護士ドットコム
 
 「離乳食としては危険な、ハチミツを使った離乳食のレシピが掲載されている」「生肉を使った不適切なレシピも掲載されている」等でクックパッドが批判されているらしい。
 
 【知名度のあるネットサービスに間違った情報が存在する=悪い】とみる以前に、そもそも、ユーザーが投稿しあうタイプのネットサービスにはついてまわる問題なのだろう。
 
 2ちゃんねるに書き込まれた情報も、google検索で拾える情報も、クックパッドや食べログやYahoo!知恵袋に書かれた情報も、玉石混交という点では変わらない。
 
 00年代には、インターネットにみんなの知恵を集めたら、素晴らしいものができあがるんじゃないかという期待が生まれた。いわゆる「web2.0」である。
 

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

 
 匿名の筆者が集まり、無報酬で優れた情報を提供していた昔の情報サイト*1を思い出すと、「web2.0」的な、みんなが知恵を出し合って集合知を耕していくインターネットを夢想したくなるのもわかる。そんな時代だったからこそ、『ウェブ進化論』は売れたのだろう。
 
 でも、今にして思うと、それはネットがアーリーアダプターのものだった頃の風景であり、スーツを着た人々が「ネットビジネス」に本格的に乗り出す前の風景でしかなかったのだと思う。
 
 ネットがレイトマジョリティにまで浸透し尽くし、スーツを着た人々が「ネットビジネス」にしのぎを削るようになってから、現実の「web2.0」がクッキリしてきた。
 
 [関連]:嫌われるウェブ2.0 | 辺境社会研究室
 
 上記リンク先の論旨とは少しずれるが、この件に関連したフレーズを引用してみる。
 

 ブロガーも、まとめ主も、クックパッドの投稿者も、自分以外の「他人」で、そうした他人の、少なくとも一部が質の低いコンテンツを作り、検索結果を占拠し、中にはお金まで貰っておいて、まわりに迷惑をかけている……それが平均的なネットユーザにとってのCGM(注:Consumer Generated Media)の現在なのではないか。

 インターネットを利用している大半にとって、現在の「投稿者」とは「他人」であり、しかもその一部はお金を稼ぎながら低品質の情報をまき散らしている……という認識は、そのとおりだと思う。さらに、
 

 ウェブ2.0が生まれ、CGMが持ち上げられていたときは、もっと明るい未来が約束されていたはずだった。これまでマスメディアだけが保有していた情報発信の力が一般人に開放され、ネットユーザに声が与えられることで多様な知識がオンラインに集まり、そこから集合知が生まれる……そう喧伝されていたものだ。
 それなのに、結局のところ平均的なネットユーザは、Twitterで呟く以上の情報を発信しないままである。いまや集合知など誰も信じない。情報発信をしているのはごく一部で、それも金儲けのためが大半で、そのためにはヘイトでも炎上でもなんでもやる……そういう例が目立ってしまう状態が、CGMの顛末なのかもしれない。

 とも論じている。
 
 たくさんのネットユーザーに情報発信の機会が与えられても、集合知の向上は起こらなかった。かわりに起こったのは、低品質な情報の氾濫、金銭収入のために量産される投稿の氾濫だった。「人が集まれば集まるほど知恵が集積する」というのは間違いだった。現実は「人が集まれば集まるほど書き込みが溜まるだけ」でしかなかった。そして、インターネットが研究者のものからギークやナードのものへ、アーリーアダプターのものへ、さらに「みんなのもの」へと変化するにつれて、溜まっていく書き込みの質に変化が訪れるのも必定だった。
 
 今も昔も、インターネットには玉石混交の情報が混じっているから、個々人の情報リテラシーが問われているという点は変わりない。だが、低品質な情報があまりにも大量生産された結果として、
 
 1.信頼できる情報を検索エンジンで拾う際に、今まで以上の工夫が必要になった
 
 2.信頼できない情報にも、一定の需給関係が生まれるようになった
 
 点が、00年代とは違ってきていると思う。1.については別の機会にゆずるとして、ここでは、2.についてもう少し述べる。  

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  5. 5

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  6. 6

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  9. 9

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  10. 10

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。