記事

「投票に行かない層は後回しになる」NPO法人YouthCreate代表・原田謙介さんが語る 投票率向上活動のいま

2/2

待機児童問題など、身近な課題を通して政治を知って欲しい

—— YouthCreateは岡山県でも投票率向上活動を行っています。東京と地方で若者の意識に違いはありますか

原田:やっぱり地元感というか、愛郷心みたいなものは違うと思います。岡山だと、「あそこのスーパーがなくなるらしいよ」とか、「公園でイベント増えたよね」みたいな共通の話題があるので、年齢関係なく、色んな人が集まっても話はしやすいですね。ただ、人集めは難しい。母数の多い都内だと人数は集まるんですが、岡山で活動を始めた頃は20人を集めるのも大変でした。

都内ならではの悩みでいうと、地域に根差した企画を行う際に、人は集まっても学生や若手の社会人といった層はあまり来てもらえないというものがあります。家賃や職場の都合で今の土地に住んでいるという人がほとんどなので、都内で自分の住んでいる自治体を気にかける人は少ないんだと思います。

—— 都内の若者に政治参加を促すにはどうすればよいとお考えですか

原田:月並みにはなりますが、生活に密着した課題を通じて政治を知ってもらうのが一番だと思います。

例えば待機児童問題ですが、「保育園落ちた日本死ね」で盛り上がって選挙の際の公約に盛り込まれたものの、すぐには待機児童ゼロにはならないわけです。その理由のひとつは、予算が前年度に決まるという議会の仕組みなのですが、それを知らないと市民の側にはただ「行政は仕事をしていない」という不満だけが溜まっていく。自治体も努力は重ねてきているので、こうした状況は双方にとって不幸だと思っています。できれば自治体の取り組みや予算の決まり方を子育て世代にも知って欲しいし、自治体と手を取り合って課題を解決する方法を模索していきたいですね。

自治体職員などにインタビューしたという冊子『子育てと政治をつないだら』

その第1弾というわけではないんですが、子育てと政治の変遷を表にしたり、自治体職員の方にインタビューした『子育てと政治をつないだら』という冊子を作って配布しています。それに関連して、この間、お母さんたちと都議会に行ってみたんです。議会の見学をきっかけに「議会ってなに?」「委員会ってなに?」という疑問を持ってもらいたいなと。

子育てが政治課題としてクローズアップされることで、若い世代が地方自治に興味を持つための間口は広がってきています。今年7月には都議選もありますから、それまでに当事者の方達だけでも、政治に関心を持ってもらえるようにしたいですね。

—— 原田さんが若者の政治参加を促す活動を続けている理由は

原田:やっぱり、国内にプレイヤーが少ないからですね。アメリカでもアフリカでもアジアでもヨーロッパでも、投票率向上のための運動をしている人は結構いるんです。でも、ivoteを始めた8年前、日本には全然いなかった。今は増えてきてはいますけど、まだまだ少ないと思います。

もう1つは、自分たちの世代が舐められないためです。政治家も票数の多い上の世代も、投票は「行くべきもの」だと思っているし、口には出しませんが、政治家は投票に行かない層は後回しにします。そういう状況を変えるためにも、20代とか30代もちゃんと投票に行ってるんだぞというのを見せたい。

投票に行かなくても社会のことを考えたり、行動をしている人はたくさんいますが、それが数字として政治の世界に現れるのは選挙のときだけです。自分たちの意見を投票というアクションで見せられるんだから、若い人も投票に行った方がいいよというのはずっと思っていることですね。

—— ありがとうございました

プロフィール
原田 謙介(はらだ・けんすけ)
1986年生まれ、岡山県出身。2008年、学生時代に若年層の投票率を向上させるための学生団体「ivote」を結成。2011年まで代表を務める。2012年、発起人としてネット選挙運動解禁を求めるOneVoiceCampaignを展開し、ネット上で多くの賛同を集める。2013年、特定非営利活動法人・YouthCreateを設立。地域の政治家と若者をつなぐイベント「Voters Bar」や高校生向けの主権者教育を継続的に行っている。ブログYahoo!ニュース個人などで執筆活動も行う。

あわせて読みたい

「選挙制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  2. 2

    那覇市長選 与党が敗北した要因

    田中龍作

  3. 3

    韓国また合意棚上げ? 注目の判決

    tenten99

  4. 4

    堀江氏「もう一度東大受ける」

    MAG2 NEWS

  5. 5

    「考え方が甘い」時差Bizに指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    AI無人店舗は万引きの概念変える

    赤木智弘

  7. 7

    安倍自民が連敗 地方に耳傾けよ

    舛添要一

  8. 8

    銀座ママ 好き嫌いで仕事すべき

    MONEY VOICE

  9. 9

    松井秀喜のG復帰 ナベツネが壁?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    サウジ皇太子の脅威だった記者

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。