記事

ナチス時代のユダヤ人拘束、極右ルペン氏「フランスに責任なし」

[パリ 10日 ロイター] - 23日に第1回投票が実施されるフランス大統領選の候補である極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首が、第2次世界大戦時にパリで行われたユダヤ人一斉検挙について国家の責任を否定する発言をし、他の候補者やイスラエル政府から猛反発を招いている。

ルペン氏は9日、ナチス・ドイツの占領下にあった1942年7月に、フランス警察が1万3000人のユダヤ人を拘束した「ベルディブ事件」について、「フランスに責任があるとは思わない」と発言。「責任があるとすれば、当時権力の座にあった人たちだ。それはフランスではない」と述べた。

これを受け、ユダヤ人団体とイスラエル政府はルペン氏を批判。イスラエル外務省は10日、反ユダヤ主義が「今日、再び台頭しつつある」ことは残念と述べた。

同事件に関しては、シラク元大統領やオランド大統領を含む、歴代の大統領が国の責任を認めている。

大統領選のライバル候補である中道系独立候補のマクロン前経済相は、「政治的かつ歴史的な間違い」と非難。「これがフランス極右の真の顔だ」と記者会見で語った。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    おっぱい見せて グラドルの悩み

    倉持由香

  2. 2

    日本で獣医師は不足しているのか

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    安倍首相は証人喚問か辞任の二択

    小林よしのり

  4. 4

    経済政策オンチの韓国・文大統領

    団藤保晴

  5. 5

    日本は今こそパ・リーグに学べ

    文春オンライン

  6. 6

    平均年間給与 建設業が700万超え

    東京商工リサーチ(TSR)

  7. 7

    蓮舫氏と朝日 戸籍めぐり勘違い

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    堀江氏「デキないやつは切れ」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    松居一代 船越告訴で逮捕の危機

    NEWSポストセブン

  10. 10

    加計疑惑は賄賂ない限り問題ない

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。