記事

【読書感想】村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事

1/2

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事

内容紹介

その原動力はどこからくるのか ―― 翻訳者・村上春樹が、 70余点の訳書と、36年にわたる道程を振り返る。 訳書、原書の写真多数。 柴田元幸氏との対談もたっぷり収録。

 作家が翻訳をやるのは、そんなに珍しいことではなさそうな気がしていたのですが、あらためて考えてみると、「こんなにたくさん翻訳の仕事をしている小説家は、森鴎外と村上春樹くらい」なんですよね。

 この本では、村上さんがこれまで翻訳してきた70冊あまりの本(絵本もあります)のそれぞれについて、翻訳時のエピソードや作品への思い入れを語っておられます。

 こうしてまとめて眺めてみると、「村上春樹好みの小説」というのが見えてくるような気がします。

 僕は村上さんの小説をたぶん全部読んでいると思うのですが、翻訳本については、そんなにたくさん読んではいないのです。

 村上さんが訳したものだから読む、というわけではなくて、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』や『ロング・グッドバイ』『グレート・ギャツビー』など、「有名な作品なんだけれど、なかなか読む機会がなかった本」を「村上春樹訳がきっかけで手にとった」ということが多いのです。

 この本を読んで、レイモンド・カーヴァーの『大聖堂』とか、ちゃんと読んでみよう、と思いました。

 翻訳というのは、「I」という一人称をどう訳すかだけでも難しい。

(レイモンド・カーヴァーの『ファイアズ(炎)』の項より)

 レイモンド・カーヴァーは、貧しい労働者階級の家の子どもだった。でも勉学を志して、苦労して大学に行って、大学で教えるまでになった。だから出自はブルーカラーだから「俺」のほうがいい、「僕」は違う、と言われると、それはちょっとないんじゃないかと思う。そういう意味でも、「俺」「僕」「私」の選び方はとても難しい。

 実際に会ってみると、カーヴァーはとても穏やかで、ジェントルで、繊細な感じのする人だった。大柄なんだけど、マッチョなところはまったくない。

 日本語の「人称」というのは本当に難しいですよね。

 同じ「ブルーカラー」でも、「本人がインテリジェントを志向している」のであれば、「俺」じゃないですよね、たぶん。

 また、スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』の項では、こんな話をされています。

 いったん取りかかってみると、フィッツジェラルドの書く精緻な文章は、本当に難物だった。文章が渦を巻くというか、あちこちでくるくると美しく複雑な図形を描き、最後に華麗な尾を引く。その尾の引き方を訳すのはすごく難しいんです。でもそのくねり感覚とリズム感覚さえいったんつかんでしまうと、コツみたいなのが見えてくる。なにしろ好きな作品だから、すべての苦労がそのまま楽しい作業になった。

 小説の場合、内容が伝わればいい、というわけではなくて、文体やリズム感も意識しなければならないのです。

 とはいえ、それを言語が異なっても移植できるのだろうか、と疑問になります。

 英語圏の人が英語の作品を読むのと同じようには、日本人はその日本語訳を読むことはできないのではないか。

 まあ、このあたりは、微妙なところではありますし、村上さんの話を読んでいると、作家側からすると「100%ではないかもしれないが、それも含めて翻訳することは不可能ではない」ようです。

あわせて読みたい

「村上春樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    外務省は韓国の告げ口外交許すな

    tenten99

  2. 2

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  3. 3

    暴言の豊田氏 辞職は困る自民党

    猪野 亨

  4. 4

    中田宏氏 私も秘書に暴言吐いた

    中田宏

  5. 5

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  6. 6

    蓮舫代表「私の国籍は日本のみ」

    PRESIDENT Online

  7. 7

    橋下氏「都議会の酷さも批判を」

    橋下徹

  8. 8

    止まらない民進党の離党ドミノ

    文春オンライン

  9. 9

    注文を"忘れる"店 大反響の裏側

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    【中継録画】海老蔵さんが会見

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。