記事

シリアへのミサイル攻撃、米国民の支持は5割と歴史的に低いレベル

ギャラップの調査によると、先週のシリアに対するミサイル攻撃の米国民の支持率は50%、不支持は41%だった。

過去の米軍の軍事行動に対する国民の支持率に比べて低い水準である。

過去の軍事行動で支持率が高かったのは2001年10月のアフガニスタン空爆で90%の国民が支持した。これは同年10月2日にNATOが集団自衛権を発動し、米英を始めとする有志国連合が10月7日から空爆を開始したものだった。

次に支持率が高かったのは、1993年1月17日にブッシュ大統領が退任3日前に行ったバグダッドの軍需工場に対するトマホークミサイル攻撃で83%の米国人が支持した。

一方一番支持率が低かったのは、2011年3月に行ったリビアでのカダフィ政府軍への空爆やトマホークミサイルによる攻撃で国民の支持率は47%にとどまった。ただこの軍事行動に対しては不支持も37%とあまり高くなく「よくわからない」という意見が多かったようだ。

今回のシリア攻撃の支持率はリビア攻撃についで低い。支持政党別では共和党支持者の82%がシリア攻撃を支持したのに対し、民主党支持者の支持は33%にとどまり、不支持は61%だった。

なおシリア攻撃によりトランプ大統領の支持率には変化は起きていない。彼の支持率は4割と低い水準で推移している。

あわせて読みたい

「トランプ政権のシリア攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  3. 3

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  5. 5

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  8. 8

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。