記事

日本解凍法案大綱 13章 公開議場での秘密暴露

1/2

牛島信(弁護士)

桃井弁護士が教えてくれていたとおりの台詞で梶田健助社長が開会を宣言し、桃井の言ったとおりの順番で進んでいった。

話が取締役解任の議題のところへ来たとき、沙織は小学校の生徒のように勢いよく挙手して口を開いた。

「はーい!」

88歳とは思えない、自分でもびっくりするくらい張りのある声だった。梶田健助が指名して発言をうながす。

「提案の理由は質問は前もって提出した解任の理由にあるとおりです。

読み上げましょうか?」

緊張のためか、少し声が震えた。

「いいえ、わかっていますから結構です」

梶田健助が遠慮がちに応答する。

「じゃあ、一番目の理由から。ちょっと中味を追加しますからね」

手元の紙を見ながら、沙織がもう一度声を張り上げた。

「ゴルフの費用のこと。

社長の梶田健助さん。あなた去年の12月24日、茨城県の日の出カントリークラブへ行ってますね。その費用のことをおたずねします」

「そんなこと、この株主総会と何の関係もないでしょう?」

「いいえ、大ありですよ。あなたの取締役からの解任がこの株主総会の議題なのです。私の提出した解任の議題に理由があるかどうか、あなたにお答えいただかなくてはなくてはなりません。

その賛否のためには、あなたが会社の金を私的目的に使っていないか、公私混同がないかどうかがとても重要です。私は、あなたに公私混同があるから解任を提案したのです。

「そのことはもう、それは招集通知にも載せてありますし、いいでしょう」

梶田健助が遮ろうとする。

「いいえ、そこにはごく抽象的にしか書いてありません。

私の申し上げますことは、あなたにとって不愉快な事実かもしれません。でも、あなたは向島運輸株式会社という法人の取締役、それも代表取締役社長という立場におありになる。個人的なこと、プライバシーの問題、名誉にかかわるといったことでいい加減に済ますことは許されません」

梶田健助は黙ってしまった。

不意打ちだった。こんな可能性については前原弁護士はひとことも言ってくれなかった。たった今、沙織が目の前で老人とも思えないハリのある声で言った詳細な事実など知らされていなかったのだ。

取締役席で一番梶田に近い場所に座っていた妻の梶田紫乃が、さきほどとは打って変わって、三津田沙織の言うことを一言も聞き漏らすまいと熱心に沙織を凝視していた。

「そのゴルフ、あなた、中野光江という女性といっしょだったでしょう。あなたの愛人。それなのに、会社の経費で落としている。

それだけじゃない。

その女性の経営する銀座のクラブに週に2回行って、一回につき約5万円を会社の経費で支払っていますね」

梶田が答える前に、紫乃が首を横に回して梶田の顔を見つめた。

梶田が答える間もなく、紫乃が、

「え?そういうこと?本当なの?三津田さんのおっしゃるとおりなの?」

「梶田紫乃取締役、未だ株主の質問中。黙っていなさい」

沙織が自分でもびっくりするくらい、ピシャリとした声が出た。沙織はわくわくしてきた。こんな気分は何十年ぶりだろうか。

「梶田健助。あなたはその中野光江という女性との間に子どもがありますね。いま8歳の女の子。中野万喜絵という名前の子。」

紫乃は梶田の顔を見つめたままだった。なんの表情も顔には現われていない。その場にいるのは、三津田沙織と前原弁護士を除けば、全員が向島運輸の取締役でなければ従業員なのだ。梶田紫乃専務取締役にとってはどれも部下になる。

(私がこの場で取り乱すことは会社のためにも許されない。もし慌てたら自分の顔に自分で泥を塗ることになってしまう。私はそんなみっともない女なんかじゃない。)

その必死の思いが紫乃を支えていた。

梶田は、かろうじて、

「これで株主総会は終わり」

とだけ言って唐突に立ち上がると、そそくさとその場から退出してしまった。

三津田沙織が、梶田健助の後姿に、

「会社っていうのは社外取締役を入れないとダメなの!」

と鋭利なナイフのような声を投げかけた。桃田弁護士が教えてくれたセリフだった。

梶田健助は一瞬その場に立ち止まったが、なにも耳に入らなかったかのように後ろを振り返らず、そのまま急ぎ足で出口の扉から出て行ってしまった。

前原弁護士がドアのところま駆け寄ると、ドアから首を出して外の廊下を見やって、「梶田さん、梶田さん」と抑制した声をかける。しかし梶田健助はその声にも振り返らず、小走りに逃げ去ってしまった。

梶田健助が退場すると誰も発言するものもなく、三津田沙織と前原弁護士だけを残して全員が部屋から出て行った。なにがなんだかわからないまま、株主総会は終わってしまったのだ。

梶田健助は株主総会を途中で放り出すと、使い慣れた社長室に入り内側から錠ををかけた。

打ちひしがれていた。あれ以上、あの場にいて議長役を務めることなどできなかった。だから逃げ出したのだ。敵前逃亡だった。わかっていた。そのあげく、独り部屋に閉じこもったのだ。

机を前にしていると、涙がひとりでに流れ出てくる。右のこぶしで拭う。子どものころに似たことがあった。なぜかわけもなく悔しかった。放っておくとつぎからつぎに両の目から勝手にあふれ出してくる。椅子に座っていたからズボンの上にぼたぼたと音を立てながら落ちて円い染みをいくつもつくった。

(俺は、こそこそと逃げ出さなくてはならないような、なにか悪いことをしてきたのだろうか?)

みずから問いかけてみて、

(していない)

あわせて読みたい

「株主総会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  2. 2

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  3. 3

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  4. 4

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  5. 5

    総選挙は橋下氏出馬次第で変わる

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  6. 6

    北の核 東京直撃なら死者85万人

    文春オンライン

  7. 7

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    都民ファ議員 週刊誌報道に反論

    斉藤れいな

  9. 9

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  10. 10

    O157トング犯人扱いはとばっちり

    山崎 毅/ドクターK(食の安全・安心)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。