記事

ビジネス書の目利きが選ぶ「話し方本」名著10選

1/2

出版マーケティングコンサルタント 土井英司 構成=川口昌人 撮影(本)=早川智哉

ブームは続くものの売れ筋本には変化あり

2010年の『超訳 ニーチェの言葉』刊行以来、言葉や話し方をテーマにした本のブームは息長く続いている。出版コンサルタントとして長年ビジネス書を研究してきた立場から見ると、売れ筋本には、世の中の流れや思潮が反映されている。

最大のポイントは、SNSに象徴されるコミュニケーションスタイルの変化にある。少し前ならコミュニケーションをテーマにしたビジネス書のほとんどは、それを「目的を達成するための手段」として扱っていた。だが今は、そこにいるみんなが楽しみ満足できるような「いいコミュニケーションを培うことそのものが目的」となっている。

自由なコラボレーションから新しいビジネスが立ち上がるこの時代にあって、一流のビジネスパーソンほど、打算や下心が見える言葉や話し方を嫌う。利害抜きで面白い、一緒に何かやってみたい信頼できる人物と、あなた自身が見なされることはきわめて重要だ。そこで問われるのは、利害のからまない雑談の上手さや、高い所からではなく共感を通じて志を伝える能力である。

そうしたコミュニケーション能力を磨くために、役に立ちそうな本をいくつか紹介してみたい。

まずお勧めしたいのは、『“トークの帝王”ラリー・キングの伝え方の極意』だ。アメリカの人気トーク番組『ラリー・キング・ライブ』の司会者として、ニクソン以降のすべてのアメリカ大統領、さらにネルソン・マンデラからレディー・ガガに至る4万人以上の有名人にインタビューを行った、カリスマ的話し手の自著である。

綺羅星のような極上のゲストたちのトークを実例として紹介しながら、「達人は『独自のものの見方』をする」「達人は『他人から学ぶ努力』をする」など、キング自身が考える話の極意を体系立てて整理していく。登場するエピソードの面白さは折り紙つき。何よりも読んでいて勇気が湧いてくる。


(左)『決定版 田中角栄名語録』小林吉弥(著)/セブン&アイ出版(右)『“トークの帝王”ラリー・キングの伝え方の極意』ラリー・キング(著)/ディスカヴァー・トゥエンティワン

次にあげたいのが、『決定版 田中角栄名語録』。人心掌握の天才といわれた大政治家の発言集である。

角栄氏関連の書籍は最近ちょっとしたブームだが、先のキング氏の本同様、本人の言葉に触れられるところに価値がある。(二世議員や官僚に話しかけるとき)「君の親父さんはね、こういう男だった」「男が恥を忍んで頭を下げてきたらできるだけのことはしてやるものだ」など、腹にずしりと来る「本物の言葉」がぎっしり。今の世の中で必要とされる、心をつかむ話し方の、圧倒的な手本といえる。

伝わる言葉を選んでビジネスを動かす

言葉の魅力という意味では、『魔法のコンパス』にも注目したい。お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんの本だが、この人はビジネスの原理原則をすべて理解したうえで、一般読者に「届く言葉」でそれを語っている。

たとえば、「僕らの身の回りには『取りこぼし』がまだまだ間違いなく残っていて、世の中はもっと面白くなる」。

「ニッチ」といったビジネス用語を一切使わず、読み手の認識の中にある言葉だけを使って、高度な概念を説明している。しかも言葉が前向きだから、伝わりやすい。この伝え方をできるビジネスマンが増えれば、日本はすごいことになる。

8年足らずで売り上げ70億円の企業にまで成長したイギリスのクラフトビール会社、ブリュードッグの創業者による『ビジネス・フォー・パンクス』も、言葉の力にうならせられる本だ。

「会社は失敗する。会社は死ぬ。会社は忘れられる。だが、革命が死ぬことはない。だったら会社ではなく、革命を始めればいい」と、冒頭からものすごい。起業には明確な目的と使命、存在理由が求められる時代なのだという認識を、ベンチャー魂に満ちた言葉で語る。それでいて、「パンク起業家のための財務用語集」「キャッシュこそ絶対王者だ」など、非常にまっとうな部分があるのも面白い。ビジネスへの情熱を忘れかけたとき、ぜひお勧めしたい一冊だ。

【初心者にぴったり!“雑談力本”ベストセラーの系譜】

誰とでもつながれるSNS社会では、いろいろな人と友達になれるスキルが大事。話し方、特に雑談力が注目されるのはそのため。売れ筋本にはベーシックな内容の良書が並ぶ。

◆『雑談力が上がる話し方』齋藤 孝(著)/ダイヤモンド社
◆『聞く力』阿川佐和子(著)/文藝春秋
◆『会話がとぎれない! 話し方66のルール』野口 敏(著)/すばる舎
◆『伝え方が9割』佐々木圭一(著)/ダイヤモンド社
◆『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』吉田尚記(著)/太田出版
◆『超一流の雑談力』安田 正(著)/文響社

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  2. 2

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  4. 4

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  5. 5

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    中国のサーモンは偽? 無知な批判

    永江一石

  7. 7

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  8. 8

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  9. 9

    中国「金融難民」の怒りが爆発

    ロイター

  10. 10

    草の根スタイルの元議員に限界か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。