記事

あなたの電子書籍が読めなくなる日

文=ジャーナリスト 村上 敬 答えていただいた人=弁護士 桑野雄一郎 図版作成=大橋昭一 写真=Robert Herhold

法的にデータは「所有」できない

最近は本や音楽、映画などのコンテンツを電子データで買う人が増えてきた。データはかさばらないため、持ち歩きや収納に便利だ。しかし、気になる点もある。電子書籍や音楽・動画の配信サービスが終了した場合、購入したコンテンツを引き続き楽しむことはできるのだろうか。

電子書籍や音楽・動画の配信サービスは、2つの種類に分けられる。毎月一定料金を払って読み放題、聞き放題、見放題になる定額制サービスと、コンテンツごとに課金するサービスだ。前者は端末にデータが残らないストリーミング形式、後者はデータを保存できるダウンロード形式で提供されることが多い。

この2つでは、利用者が料金を支払った対価として得るものが異なる。定額制サービスで利用者が購入するのは、コンテンツを提供する場の利用権だ。紙の本でいうなら、漫画喫茶に利用料金を支払っているのと同じ。シンプルでわかりやすい。


表を拡大
電子書籍と本の法的位置づけ

一方、コンテンツごとに課金するサービスは少々ややこしい。紙やCDを買ったときと同じように所有権に料金を払っていると考えている利用者が少なくないが、それは誤解。知財に詳しい桑野雄一郎弁護士は次のように解説する。

「データに対して、法的な意味での所有権は発生しません。ダウンロードサービスで買っているのは、データをダウンロードする権利。法的には債権の一種であり、未来永劫保証されているものではありません。事業者が倒産すれば踏み倒されるおそれがあるし、そもそもサービスが終了すれば債務を履行しなくていいという規約になっているところが多い」

アマゾン・キンドルが日本から撤退する日

コンテンツを端末に一度落とせば繰り返し楽しめるのだから、サービスが止まっても問題ないと考えている人もいるだろう。しかし、端末の記憶媒体はいずれ劣化する。保存性では紙のほうが優れているくらいだ。


Robert Herhold=写真

では、電子書籍や音楽や動画の配信サービスが終了する可能性はどれくらいあるのか。利用者が伸びずに撤退したサービスは少なくないが、「パンドラの箱が開くのはこれから。今後は大手の撤退もありえる」と桑野弁護士は予想する。

「ウィンドウズ10が出たとき、サポートを終了したアプリケーションが相次ぎました。新OSに対応するにはコストがかかるからです。電子書籍や各種配信サービスも、OSが切り替わったり、デバイスが次世代のものに移行したタイミングで事業者が撤退するおそれがある。アマゾンが日本市場からキンドルを撤退させるといきなり発表しても私は驚きません」

仮に撤退はしなくても、新しい端末やOSを買わなければ読めなくなる可能性は十分にある。普段は電子書籍で気軽に楽しみつつ、永久保存したいものは本で買うのが賢い利用法かもしれない。

あわせて読みたい

「電子書籍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  4. 4

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  5. 5

    亀岡市暴走事故の加害者を直撃

    NEWSポストセブン

  6. 6

    子宮頸がんワクチン男性にも効果

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    NHKが受信料合憲で背負った責任

    WEDGE Infinity

  8. 8

    立民・枝野氏「法人増税が必要」

    ロイター

  9. 9

    小池劇場の終焉を天敵記者が激白

    AbemaTIMES

  10. 10

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。