記事
  • ヒロ

今週のつぶやき

今週のトップニュースはやはり、シリアの化学兵器の使用、それに対してびっくりするほど早い対応を示したトランプ大統領のアクションでしょう。しかも、習近平国家主席との会談を控え、北朝鮮への対応が注目されていた矢先にフェイントのような素早さでミサイルを打ち込むその判断力には評価が分かれるところでしょう。

正直、今の時点でこの動きをどう判断するのか、私も熟考を要するところであります。可能性としては1つにトランプ大統領の威信にかけた判断、2つ目に習近平国家主席、および金正恩最高指導者への外交姿勢の誇示、3つ目に経済を中心とした政策がうまくいかない中で目線を変えさせる作戦、4つ目にアメリカ国内で渦巻き始めていたトランプ大統領の能力疑念への強烈な反論あたりが考えられると思います。

どれか一つというわけではなく、複数の判断が混ざっているかもしれません。一応、現時点ではアメリカ側の脅しはあるものの今回限りの示威とされますのでロシア、イラク対策には気を使っていると思われます。このところ、一回の攻撃なら許されるという雰囲気があり、取り返しがつくのという流れがありますのでこの辺りを含め、本命の金正恩つぶしをする姿勢を見せるのではないかと思います。

ではそのタイミングですが、以前にもこのブログで指摘したように韓国大統領選の前に決着をつけたいのではないでしょうか?仮に左巻きの大統領が当選すればアメリカは朝鮮半島での影響力が相当低下するリスクがあり、最終的に北朝鮮問題が解決しにくくなるからです。この辺りのニュアンスは米中首脳会談の様子からは聞こえてきません。(当然でしょうけれど。)

ここまで考察を進めると思い当たる節もあろうかと思いますが、もともとの発端は韓国の朴大統領おろしという巧妙に計画された罠がアメリカに火をつけたとする見方もできます。個人的には駐韓国の長嶺大使を何も解決していないのに急に韓国に戻したのは慰安婦像問題どころではない、という緊迫性としか思えません。

さて、若干話題を変えましょう。3月度のアメリカ雇用統計が発表になりました。純増は事前予想の半分の9.8万人にとどまりましたが、失業率が0.2%ベーシス下落し、良好を維持しました。これに対して市場は反応薄でありました。

気をつけなくてはいけないのは市場の展開が読みにくくなっている点でしょう。アメリカが戦争の当事国になれば有事の金と円買いなのですが、北朝鮮を叩くのなら円が安全資産だとは言い切れないかもしれません。金や銀には逃避マネーが一気に流入するように見えます。また、資源価格の動向についても十分な注意が必要かと思います。チャート的にはベースメタルの価格はじりじり上がってきています。石油ショックならぬ○○ショックが起きないとも限りません。

国内ですが、聞き飽きたかもしれませんが、東芝が来週の最大の注目になります。すでに2度延期している会計士のお墨付き決算発表の期限が4月11日火曜日に迫っています。報道の通り、この期限内にも決算発表ができないのではないかとささやかれています。理由は損失が一体いつから発生していたのか、それが不明瞭なのであります。すでに確定している17年3月の債務超過の上に16年3月期で仮に債務超過だったという判断が下されるかが攻防ラインとなっています。

決算発表の延期は認められる限りにおいて可能です。主幹の関東財務局は恐ろしくて東芝上場廃止の引き金は引けません。しかし、すでに東証第2部への降格が実質確定している中で16年3月期が債務超過であればこれは有無を言わさずに上場廃止になります。もう、誰も救えません。その判断をしているのが会計士ということになります。

仮に上場廃止となれば関係者は大混乱になるはずです。株主、金融機関などはその回収に走るほか、すでに相当数ある訴訟がもっと増えることになります。未曽有の大混乱となりえます。また虎の子、半導体事業に関してアメリカから特許侵害の可能性で調査に入ることとなり、これがさらに不安感を高めることになります。

個人的にはこれには裏があるとみています。つまり、この半導体事業を落札するのはアメリカ企業と実質的に決定したようなものですが(もしかすれば一部は日本連合がシェアをとるかもしれません)その2兆円を超えるとされる提示金額で優先交渉権を取得後にネゴって目いっぱい安くする算段だと思います。これぐらいは普通にやる作戦でしょう。アメリカのヤフーが身売りするのにベライゾンと交渉に入ったとたんに史上最大の情報漏洩問題が発覚し、売却価格が相当下がった事例はつい最近の出来事であります。世の中、魑魅魍魎、裏で様々なことがうごめいている典型的例であります。生き馬の目を抜くとはよく言ったものです。

では今日はこのぐらいで。桜が満開の日本では今週末は絶好の花見日和でしょう。楽しんでください。

あわせて読みたい

「トランプ政権のシリア攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  2. 2

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  3. 3

    安倍首相 広島長崎で手抜き挨拶

    NEWSポストセブン

  4. 4

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  5. 5

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  6. 6

    戦争を招くウーマン村本の価値観

    自由人

  7. 7

    常識に縛られると思考は停止する

    ニャート

  8. 8

    高齢者が支配する老人ホーム日本

    ヒロ

  9. 9

    慰安婦像問題 海外での報道は

    NewSphere

  10. 10

    正恩氏 軍隊でパシリをした過去

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。