記事

サラリーマン社長も労組もバクチなんて打ちたがらない

東芝の半導体事業の売却を巡り、日本企業からの応札がゼロというニュースが波紋を呼んでいる。電機はもうフラフラなので単独では無理だが、別業種の大手、たとえばトヨタあたりと組んで2兆円なんとかならないものかとは思うが、とにかく半導体事業というのは投資規模も当たり外れも大きいので二の足を踏んでいるのだろう。

というと、たぶんこう思う人もいるだろう。
「内部留保は過去最高に積みあがってるんでしょう?今こそ投資するべきじゃないの?」

筆者もそれは正論だと思う。でもサラリーマンサバイバルレースのゴール間近のサラリーマン社長はそういうバクチを打ちたがらないし、人生を会社と共に過ごすサラリーマン労組も「そんなバクチ張らなくていいから、将来の不況に備えて貯めておいてくれよ」というのが本音だろうし、経産省もそういう微妙なバランスは理解しているだろうから無理はさせないと思われる。

というわけで、今後も日本企業は特大ホームランは打たないけれども(少なくとも大手と呼ばれる企業に関しては)会社がとぶこともなく、積みあがっていく内部留保を横目で見ながら、不思議な安定が(当面は)続くのだろう。

たぶん20年後の学生にアンケートとっても、1990年バブル期とそっくりな就職人気企業ランキングができるんじゃなかろうか。もちろん、国際社会における日本のGDPとか競争力といったランキングは大きく変わっているだろうが。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  3. 3

    貴乃花親方へ批判報道に妻が怒り

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  5. 5

    母子家庭の扶助減額は理解不能

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  6. 6

    清水建設問題 下請け告発で発覚

    山口利昭

  7. 7

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  9. 9

    死んでも祟る 富岡八幡宮の確執

    SmartFLASH

  10. 10

    風俗嬢に欠如している相談する力

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。