記事

宅配クライシス、日本では当日配送見直し、アメリカでは犬にかまれる配達人増加

今日(4月7日)の日経新聞トップは「ヤマト運輸がアマゾンの当日配送の受託から撤退を決めた」という記事だった。

たまたまワシントンポストを流し読みしていたら、米国のデラウエア州スタントンで55歳の郵便配達人が犬に噛まれた傷が原因で死亡したという記事にであった。

記事によると、米国郵便公社は昨年1年間で犬に攻撃された郵便配達人の数は6,755人で過去5年に較べてかなり増加しているということだ(過去5年は5千人台の後半で推移していた)。

犬に襲われる事故が増えている理由は明らかでないが、同紙はオンライン取引による宅配便の増加と相関関係があることは否定できないだろうと述べている。

便利なネットショッピングだが、その裏舞台では色々な問題が起きていると感じた次第である。

あわせて読みたい

「運送業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

  2. 2

    ひろゆき氏語る「奴隷のやめ方」

    サイボウズ式

  3. 3

    玉木議員が加計めぐるデマに反論

    玉木雄一郎

  4. 4

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  5. 5

    自民議員「政権の賞味期限近い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    フォアグラ人気の裏に残酷な現実

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  7. 7

    同窓会では会社の名刺を出すな

    シェアーズカフェ・オンライン

  8. 8

    東芝決算後も続く上場廃止の危機

    片山 修

  9. 9

    橋下氏 民進玉木氏の質問に苦言

    橋下徹

  10. 10

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。