記事

米国のシリア攻撃は「理解可能」=独外相

[ベルリン 7日 ロイター] - ドイツのガブリエル外相は7日、米国のシリア空軍基地攻撃について、「理解可能」との認識を示した。

「国連安全保障理事会が、シリアの罪無き市民に対する化学兵器使用に明確に反応できないことは耐え難いことだ。米国がこの残忍な戦争犯罪をひきおこしたアサド政権の軍を攻撃したことは理解できる」とのコメントを発表した。

あわせて読みたい

「トランプ政権のシリア攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  5. 5

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  6. 6

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  7. 7

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  9. 9

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  10. 10

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。