記事

米軍のシリア攻撃、フランスに事前通知=仏外相

[ヌアクショット(モーリタニア) 7日 ロイター] - フランスのエロー外相は7日、米国がシリア軍基地へのミサイル攻撃についてフランスに事前に通知したと明らかにした。

同相は訪問先のモーリタニアの首都ヌアクショットで、ロイターと仏ラジオ局フランス・インフォに対し、「レックス・ティラーソン(米国務長官)から夜に連絡があった」と語った。

また「化学兵器の使用は衝撃的だ。戦争犯罪であり、罰せられるべきだ」とし、ロシアとイランはシリアのアサド政権を支持する意味がないことを理解する必要があると指摘。フランスは、この両国と対立するつもりはないと述べた。

あわせて読みたい

「トランプ政権のシリア攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  8. 8

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  10. 10

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。