記事

Shinjuku Free WIFIマップ作成。オープンデータ入門は、SPARQLでLinked RDFを操作

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

新宿区でオープンデータが導入されたことをきっかけに、本腰を入れてこのテーマに取り組んでいきたいと考えています。
そこで早速、オープンデータを活用して、練習がてらに見よう見まねで簡単なWebサービスを作ってみました。

過去のブログはこちら↓

新宿駅周辺のShinjuku Free Wi-Fi(新宿フリーWi-Fi)のマップを作成してみました。

[ブログで見る]

スクリプトをブログに無理やり組み込んでいたりで、コードが汚いのはご容赦を(苦笑)
SPARQLという言語で、オンライン上にアップロードされているオープンデータを参照して、Javascriptでマップが生成されるようになっています。

参考にしたページや書籍は以下の通りです。

福野泰介さんのブログ↓

SPARQL書籍↓
オープンデータ時代の標準Web API SPARQL (NextPublishing) 加藤 文彦(Amazon)

Google Maps APIs関連↓
Google Maps入門(Google Maps JavaScript API V3)

これまでは、行政がホームページや紙媒体で情報を公開したら、転載するなど新しくコンテンツを作成する必要がありました。
しかし、オープンデータでは自動的にデータを読み込んでくれるため、その必要はありません。
また、これまでのように単にShinjuku Free Wi-Fiのデータベースのみにアクセスするわけではないため、新宿区のみならず全国の自治体も含めて、これまで関連性のなかったデータへのアクセスが容易にできるという点でも大きなメリットがあります。

先日も、IoTとオープンデータの活用でバスの利用状況をリアルタイムに通知する鯖江市の取り組みをご紹介しました。
ICTが普及し十分に便利になったと感じることもありますが、まだまだ開拓の可能性があることを感じ、ワクワクしています。

インターネットも急速に進化し、日進月歩でその利便性は向上しています。
そのインターネットの生みの親であるティム・バーナーズ=リー氏が、TEDでプレゼンテーションするほど気合いを入れて取り組んでいるのが、Linked Open Dataです。
オープンデータに関心のある方は、日本語の字幕もついているので、ぜひこちらのプレゼンもご覧ください↓

本来であれば、コードを書かなくても緯度経度があればマップを作ることもできます。
すでに新宿区でもWIFIに関するマップは用意されています。
しかし、あえてSPARQLに挑戦してみたことで、単なるインターネットによる情報公開ではなく、構造化されたデータが持つインパクトの大きさを、何となくですが感じることができました。

まだ新宿区で公開されているデータは4種類で、インパクトも大きくありませんが、多くのオープンデータがLinked RDFに変われば、間違いなくイノベーションが起こり、利便性が向上へつながります。
データシティ新宿を見据え、民間の視点から踏み込んだ提言ができるよう、ブログのみならず、コードを書くことでコミュニケーションが取れる議員を目指して、これからも活動を続けてまいります。

それでは本日はこの辺で。

あわせて読みたい

「WiFi」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  3. 3

    北緊迫のいま慰安婦問題騒ぐ韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  5. 5

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    ヒアリ襲撃 珍獣ハンターの受難

    ライブドアニュース

  7. 7

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  8. 8

    不動産投資を否定する人の特徴

    内藤忍

  9. 9

    ウーマン村本 戦争反対を再表明

    キャリコネニュース

  10. 10

    牛乳石鹸 不可解なCMに困惑の声

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。