記事

延坪島攻撃

1/2
23日午後2時34分ごろ、韓国西方沖にある延坪(ヨンピョン)島付近へ北朝鮮が突然砲撃し、兵士・住民21人が死傷する事件が起きた。BBCによると午後4時までに200発以上の砲弾が発射され、延坪島では山林火災が起き、住宅にも延焼し、韓国軍兵士2人が死亡し、住民二人も負傷しているという。


さすがに「平和憲法」と諸国民の公正と正義を信じて生きてきた日本人も、少しは目が覚めかかっているようだが、菅首相の目は死んでいる。「あらゆる事態に対処できるよう、情報収集を指示した」そうだが、防空壕ひとつない平和日本で、どんな「あらゆる事態」を想定しているのだろうか?

公務執行妨害で逮捕した中国“船長”釈放責任を「那覇地検」に負わせたように、ミサイルが飛んできて国民が死傷したら「暴力装置」の責任にして自分は逃げるのだろう…

ワイドショーではこれを巡って“先生方”が侃々諤々のようだが、今年初めからの北朝鮮の動きを観察していれば、このくらいのことが起きても少しもおかしくなかった。「起きるはずがない」と勝手に思い込んできただけである。

健康不安を抱える金正日総書記は後継者選出に腐心していたが、年明け早々から突如28歳の“3男”、正恩氏を後継者として公表した。しかし3男(それも生母に諸説がある)を選定した経緯さえよく分析されてこなかった。

後継者はだれか?と世界の話題になり、ウォッチャーたちが3男「正雲」氏だと報じた時、正式名称不明だからという理由で日本のメディアは「ジョンウン」と仮名で表示することに統一した。

その後金総書記が、カーター元米大統領の訪問をすっぽかして旧満州を歴訪した時、胡錦濤主席が駆けつけて密会したが、その時後継者を胡錦濤主席に紹介したと一部で報じられた。

やがて中国政府が実名を「金正」だと報じ、やっと後継者の「固有名詞」が判明したと思ったのもつかの間、北朝鮮自ら「金正」と日本のメディアを通じて公表した。

ここが興味深い。中国政府は北に泥を塗られたのである。

バカラ賭博が好きで結構ギャグを飛ばす総書記様らしく、中国がつけた≪銀≫ではな≪恩≫と修正したところが味噌だった。金正日総書記は、中国が「金」ではなく一つ下の「銀」だと報じたことに無言の抵抗をしたと推察されるが、この時点で彼が出す「シグナル」に気が付いたものはほとんどいなかったのではないか?拙著[金正日は日本人だった]の取材で接触した友人以外には…

大方のメディアは常に中国が北の“宗主国”あるから、北は従わざるを得ないと思い込んでいるが、プライドが高い北はみじんもそうは思っていない。もちろん中国も北を信用などしていない。利用しているだけである。胡錦濤主席と金正日総書記が「抱き合うシーン」には、双方、特に金正日総書記に“嫌そうな”雰囲気が漂っている。VTRを繰り返してみるがよい。北が何を考えているか?

それは戦後の建国に至るまでの歴史に学ぶ以外にはなかろう。さらに金日成から金正日に権力が移譲された経緯を知るべきである。

第一、この時、日本のメディアは、胡錦濤主席と別れた“一行”は、カーター氏をほったらかして、旧満州地区の「金日成」ゆかりの地を巡り、後継者に偉大な祖父の業績を伝授したかのように報じたが、そのルートを見ると、抗日パルチザンの敗残部隊が、日満軍警に追撃されて逃げ回ったルートに酷似していた。しかもそのころの金日成(金聖柱)は、下級幹部に過ぎず、部隊を率いていたのは4人目の金日成であり、中国共産党幹部、日本軍諜者など諸説がある金策らであったから、“正恩氏の祖父にあたる偉大な日成将軍”の足跡の地ではなかった。それが何を意味するか…

夏以降、ようやく後継者に内定した正恩“将軍”を人民に披露しなければならない。その場を軍事パレードに求め、見事な演出で世界中に後継者を披露することに成功した。北はヒトラーの「宣伝方式」に学んでいて、世界中のメディアは、彼に翻弄されている。さすが映画が趣味であるだけに宣伝戦は一流である。

さて、次は彼の地位を不動のものにしておく必要がある。28歳の、日本でいえば1尉程度の若造が大将なのだから、部下も上司もやっておれないだろう。そこに「ごますり将軍」がにじり寄る。一旗揚げるには今しかない…

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  4. 4

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。