記事
  • ヒロ

不安満載の新年度入りの行方

この1-2週間、地球を概観して冴えない、と思っている方は多いと思います。そう思わせるニュースが多すぎます。

ロシアでは地下鉄テロが起きました。ロシアにテロを挑むとすればISという連想をしやすいのですが、単独犯ほどその趣旨がわかりにくいものはありません。ロンドンでもそうでしたが、テロの定義が変わってきてしまいそうです。日本では共謀罪を新テロ法案に入れるところですが、これは二人以上のケース。完全なる単独犯の犯行があちらこちらで見られる最近の傾向に法案や対策が後追いになりかねず、不安がよぎります。

アメリカはどうでしょうか?トランプ大統領はレームダックと先日申し上げました。議会が、世論が、メディアが、そして裁判所も抵抗します。つまり、大統領と言えども好き勝手は出来ないことが明白になりました。トランプ大統領の政策が妥協の産物になりつつあり、「悪態ついても経済が伸びれば目もつむる」と思った投資家にも失望感が漂うのでしょう。

もちろん、アメリカ民間部門で政府無視の「自助経済機能」がワークすれば問題ありません。しかし、3月の自動車販売の統計は見る人が見れば凍り付くような結果でありました。年調整値で1660万台は16年12月の1800万台を軽く超えていたピークから150万台下回り、メーカーは在庫が積みあがっています。

日系ではマツダ、富士重工が車が足りないほどと言われている中で日産がバナナのたたき売り状態で3月は販売台数を増やしたとも言われています。優勝劣敗が見えてくるこの業界でそれ以上に注目すべきは自動車ローンの不良債権率が上昇するかどうかであります。この辺りが消費の動向に強く影響してきますが、確実に言えることはトランプ大統領が声高に主張する米国に自動車工場を、という掛け声は「当分、その必要なし」ということでしょうか。

朝鮮半島はどうでしょうか?韓国は左巻きの文在寅氏が大統領候補になる可能性が報じられています。日本は一時帰国させていた大使を韓国に戻し日本の立場を伝えるとしていますが、日本の主張は韓国との一対一のやり取りを通じて突っぱねられるだけに留まるでしょう。何か外的要因があって韓国が日本を必要とする事態になるまでは厳しい関係になりそうです。この要因については明日のブログでもう少し見てみます。

一方、北朝鮮動向はトランプ大統領と習近平国家主席の会談の内容次第だと思います。両者が同意し、手を結ぶのか、習国家主席が策士を演じるのか、はたまたトランプ大統領が短気を起こすかによって方向性は全く変わります。個人的には非常に大きな転機になる会談だと思っています。

欧州もEU離脱表明の英国、テロにおびえる大陸諸国、民族主義がちらほら復活してきた国々が意味するものはかつての「丸い」関係からぎすぎすした自己主張でありましょう。

そして最後に日本ですが、安倍首相が冴えません。森友学園問題がこんなに尾を引くとは誰も思わなかったはずですが、あれは深い闇、そしてパンドラの箱です。そこに森永のお嬢様が天真爛漫にいろいろなところで果敢に攻めていったことで躓きました。

私から一言だけ言わせて頂くなら「秘書が5人もついていて何やってんの!」と申し上げます。世の中の裏を調べあげ、トップのブレーンをするのが秘書であります。それが務まらないなら本当の秘書ではないです。今回はプロの秘書がいなかったのが災いしたと思います。

これだけ不安満載となれば冴えない株価に思わず同情したくなるほどであります。ドルが下落傾向を見せる中、金(ゴールド)が1260ドル台までじわっと上昇し、ドル建ての原油価格も50ドルをいつの間にか回復しています。

景気とは何か、といえば「周りの雰囲気に右往左往される個人消費」であります。これは好調と思わせる指標が一つでも二つでもあればそこから展開しやすくなります。自助機能をもつアメリカ経済が仮に足踏みとなれば以前にも申し上げたような金利の先行き見通しをハト派化させればよいでしょう。また朝鮮半島の平和を力づくで展開するというのもありでしょう。(個人的には習近平氏はトランプ大統領と手を組み、うまくワークすればウィンウィンの関係になる気がします。)

森友学園問題は籠池夫婦は法的に抑え込み、パンドラの箱を開けずにがんじがらめにしてこの話を終わりにする対策があるかと思います。いやそうすべきでしょう。蓮舫さんにはこの辺りがわかってもえるかどうかなのですが。

嫌な空気を払しょくしないと今後が非常につらくなるというのが私の今、気になるところであります。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「ロシア地下鉄テロ事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    未だにコンビニ現金払いはバカ?

    Hayato Ikeda

  2. 2

    韓国大統領をかばう朝日新聞社説

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    ウーマン村本批判は言いがかり

    猪野 亨

  4. 4

    牛乳石鹸CM批判「考えが浅すぎ」

    赤木智弘

  5. 5

    小池氏に半生を狂わされた人たち

    文春オンライン

  6. 6

    慰安婦像問題 海外での報道は

    NewSphere

  7. 7

    日本ファーストが「泥舟」なワケ

    猪野 亨

  8. 8

    高校野球「無気力」采配の真相

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「薬飲むのはズル」は誤った考え

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「酒で記憶力が良くなる」真相は

    市川衛

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。