記事

いよいよ危なくなった米自動車業界?

・テスラ、フォードの時価総額抜く 5兆円超、GMに迫る(朝日新聞)
・米テスラの時価総額、フォードを抜く GMも視野に(CNN)



先ほど、テスラの株価は300ドルを超え、この結果テスラがGMを抜いて時価総額で全米最大の自動車メーカーとなりました。電気自動車メーカーが全米1になったのですから、正に歴史的な出来事です。

現在のテスラの時価総額は527億ドル、GMは496億ドル、フォードは451億ドルになり、ゼロヘッジはこんな比較をしています。
2016年の自動車販売数(全世界):
テスラ: 76,285
GM:10,000,000+
フォード:6,650,000
一台あたりの時価総額は驚きの数字です。
テスラ:$690,830
GM:$4,956
フォード:$6,859
米国の自動車業界(テスラを除く)は明らかに頭打ちです。


チャート:セントルイス連銀

上のチャートには、米国における、ここ10年間の自動車販売数が示されています。以前のような上昇が止まり、最近は下げ方向がハッキリしています。
全体的に見た場合、今年ここまでの米国における自動車販売数は、極めて悪い数字だ。自動車販売店が抱える在庫数は増え続け、現在その数値は、金融危機以来最高に達している。一台の新車を販売するのに必要な日数は平均で74日に達し、これも金融危機以来最高の数値だ。更に、中古車価格の下げが顕著になり、モルガン・スタンレーのアナリストは、向こう4~5年で50%近い暴落になる可能性があることを予想している。 -- マイケル・スナイダー(エコノミック・コラプス)
もう一つの心配材料は、自動車ローンの滞納者数の増加です。スナイダー氏によると、米国には現在100万を超える滞納者が存在し、これも金融危機以来最高の数字です。スナイダー氏が最も心配しているのは、現在の米国には約$200,000,000,000 という膨大な金額のサブプライム自動車ローンが存在することです。

サブプライムと聞くと、金融危機の原因となったサブプライム住宅ローンを思い出します。はたして今回は、サブプライム自動車ローンが景気後退の原因になるのでしょうか?2016年末時点、米国の世帯が抱える借金は12兆5800億ドルに及び、2008年に記録した史上最高の12兆6800億ドルに迫っています。米消費者は、ここから更に借金をして自動車を買うのでしょうか?どうも嫌な雰囲気です。

(情報源:テスラ、フォードの時価総額抜く 5兆円超、GMに迫る
米テスラの時価総額、フォードを抜く GMも視野に
Tesla Overtakes GM As America's Most Valuable Car Company
The Next Subprime Crisis Is Here)

あわせて読みたい

「自動車業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

  2. 2

    ひろゆき氏語る「奴隷のやめ方」

    サイボウズ式

  3. 3

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  4. 4

    玉木議員が加計めぐるデマに反論

    玉木雄一郎

  5. 5

    自民議員「政権の賞味期限近い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    同窓会では会社の名刺を出すな

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    フォアグラ人気の裏に残酷な現実

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  8. 8

    幻すぎて正体不明のゲーム機発見

    krmmk3

  9. 9

    東芝決算後も続く上場廃止の危機

    片山 修

  10. 10

    ヒカル氏のVALU売り逃げは詐欺か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。