記事

いよいよ危なくなった米自動車業界?

・テスラ、フォードの時価総額抜く 5兆円超、GMに迫る(朝日新聞)
・米テスラの時価総額、フォードを抜く GMも視野に(CNN)



先ほど、テスラの株価は300ドルを超え、この結果テスラがGMを抜いて時価総額で全米最大の自動車メーカーとなりました。電気自動車メーカーが全米1になったのですから、正に歴史的な出来事です。

現在のテスラの時価総額は527億ドル、GMは496億ドル、フォードは451億ドルになり、ゼロヘッジはこんな比較をしています。
2016年の自動車販売数(全世界):
テスラ: 76,285
GM:10,000,000+
フォード:6,650,000
一台あたりの時価総額は驚きの数字です。
テスラ:$690,830
GM:$4,956
フォード:$6,859
米国の自動車業界(テスラを除く)は明らかに頭打ちです。


チャート:セントルイス連銀

上のチャートには、米国における、ここ10年間の自動車販売数が示されています。以前のような上昇が止まり、最近は下げ方向がハッキリしています。
全体的に見た場合、今年ここまでの米国における自動車販売数は、極めて悪い数字だ。自動車販売店が抱える在庫数は増え続け、現在その数値は、金融危機以来最高に達している。一台の新車を販売するのに必要な日数は平均で74日に達し、これも金融危機以来最高の数値だ。更に、中古車価格の下げが顕著になり、モルガン・スタンレーのアナリストは、向こう4~5年で50%近い暴落になる可能性があることを予想している。 -- マイケル・スナイダー(エコノミック・コラプス)
もう一つの心配材料は、自動車ローンの滞納者数の増加です。スナイダー氏によると、米国には現在100万を超える滞納者が存在し、これも金融危機以来最高の数字です。スナイダー氏が最も心配しているのは、現在の米国には約$200,000,000,000 という膨大な金額のサブプライム自動車ローンが存在することです。

サブプライムと聞くと、金融危機の原因となったサブプライム住宅ローンを思い出します。はたして今回は、サブプライム自動車ローンが景気後退の原因になるのでしょうか?2016年末時点、米国の世帯が抱える借金は12兆5800億ドルに及び、2008年に記録した史上最高の12兆6800億ドルに迫っています。米消費者は、ここから更に借金をして自動車を買うのでしょうか?どうも嫌な雰囲気です。

(情報源:テスラ、フォードの時価総額抜く 5兆円超、GMに迫る
米テスラの時価総額、フォードを抜く GMも視野に
Tesla Overtakes GM As America's Most Valuable Car Company
The Next Subprime Crisis Is Here)

あわせて読みたい

「自動車業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  4. 4

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  5. 5

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

  6. 6

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  7. 7

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

  8. 8

    トイレ行列増加の原因は働き方か

    山本直人

  9. 9

    PEZY関連財団は元TBS山口氏実家

    田中龍作

  10. 10

    民進離党止めない大塚代表の狙い

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。