記事
  • ヒロ

今週のつぶやき

これをお届けするとき日本では暦の上での新年度入り、学生さんには新学期入りとなります。2017年に入ってわずか3カ月ですが、いろいろなことが起きています。想定と違ったこともありました。

特にトランプ政権が思った以上に不安感を醸成させていることがあるでしょう。オバマケアの代替健康保険プランの失敗のみならず、税制改革も時間がかかりそうな気配でいずれ発表されるであろうその中身もトランプ氏のリップサービス程ではない可能性があります。そんな大統領の周りを囲むブレーンも辞任が相次ぎ、強力な推進力を保つスタッフの確保も十分ではありません。

しかし、市場を見ればそんなことはどこ吹く風、NYの株式市場は比較的堅調であります。この温度差はいったいどこから来るのか、とふと考えていたのですが、1938年の近衛文麿首相の言葉を借りるなら市場は「爾後トランプ政権を相手にせず」となっているのかもしれません。

まるでAI搭載のロボットのように躍動するアメリカ経済は上方修正されたGDPで堅調な消費を裏付けました。この日々切磋琢磨されていく経済ロボットはトランプ氏のマニュアル運転を巧みに避けながら快進撃を続けるのでしょうか?

さて、お隣、韓国では朴大統領が遂に収監されてしまいました。私にとっては信じられないばかばかしさでコメントする気すらおきません。韓国の裁判制度が過去の判例主義ではなく、時々の世論に影響されることが改めて立証されたところですが、今回の逮捕でも本当にその必要があったのか、なぜこんなに早い判断だったのか、本質が見出せません。同国が統治国家に必要な客観的判断を欠き、物事が感情的に左右されやすい稚拙なレベルにあることを世界に見せつけてしまいました。非常に残念です。

中国からすれば朝鮮半島が特殊な地域であり、常識的判断では先々が予想できないことを改めて認識したことでしょう。つまり、国境を接する北朝鮮、THAADが設置される韓国、そして新たに選出される左巻きの新大統領にどう接していくか、秋の党大会も控え、慎重にならざるを得ないのではないかと思います。朴大統領は当初、中国サマサマだったのに最後は恩をあだで返したと思っています。次の大統領がどれだけすり寄ってきてもまた同じこと、と思ってしまえばシッシッと追い払うかもしれません。

次にまいりましょう。東芝問題はさんざん触れてきたのでもう飽きてきたかと思いますので軽く触れておきます。一応、ウエスチングハウスを破産させ、連結から外し、半導体会社を売却するシナリオまではどうにか作り上げました。荒れた臨時株主総会も終わり、ほっとしている経営陣なのでしょうか?

個人的には「二度あることは三度ある」という気がしてなりません。つまり、「もうこれで打ち止めです」というオオカミ少年は既に信用を失っているのですが、なぜ、三度目がありそうな気がするかといえばメディアやマスコミが東芝の躓きを嬉しそうに「また見つけた!」と報道するために必死になってあら探しをするからです。

つまり、経営陣すら気が付かなかったことが高性能監視カメラで発覚するようなもので、言い方が悪いですが、経営版THAADの監視網に入っているようなものでしょう。ネタはまだまだあります。20年コミットしているLNGもあるし、WHの中国事業の件が全く聞こえてこなかったのもおかしな話です。そういえば数年前東芝が背伸びしまくって請け負った東電向けスマートメーターがきちんと納入できなくて大問題になると囁かれていたあれはどうなったのでしょうね?まだまだホコリは出てきそうです。そういえば延期している決算発表に3度目の延期か?という報道が出ています。真剣に上場維持が懸案されるかもしれません。 

最後に門戸外の話題。フィギュアの羽生さんが期待通りの成績を残せていません。開催中の世界選手権もSPで5位と出遅れています。個人的に直感で思っていることは「浅田真央現象」。羽生さんも世界最高レベルの精神力で高い評価と得点をあげてきましたが、その高い集中力を長く維持することは極めて難しく自己との戦いであります。

ところがマスコミから追いかけられ、テレビなど取材攻勢が続き、自分の時間などとれなくなると微妙な自己管理バランスが崩れるのでしょう。芸能人ではない羽生さんを不調にさせたのはマスコミだと思っています。スキージャンプの高梨さんもそうでしょう。野球のイチローさんが凄いのはマスコミに振り回されない自分を作り上げた管理能力そのものではないでしょうか?

私が「踊ってはいけない」と常々申し上げているのはスポーツに限らず仕事でも趣味の世界でも安定した精神力の中でこそ培えるものだと考えているからです。「お前はローキーだよな」と言われますが、長年そうして自分のペースを他からの力で変えられないようにコントロールしているだけなのであります。

では今日はこのぐらいで。いよいよ桜が咲きそうな気配になってきました。素敵な春の週末をお過ごしください。

あわせて読みたい

「朴槿恵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  2. 2

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  3. 3

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  4. 4

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  5. 5

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  6. 6

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  7. 7

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  8. 8

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  9. 9

    橋下氏 香山リカ氏の指摘に反論

    橋下徹

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。