記事

本日のNHK深読みから;安心神話の基準はすべてマスコミ次第

本日のNHK深読み、豊洲市場問題 どう考える?食の"安全・安心"がテーマの討論でした。

その中でわかったこと。様々な問題に対して一般の人が専門家を信用するためには、安心を醸成し不安を払拭するためには、すべてマスコミの腕次第で決まるということが理解できました。今の日本の医療状況と共通するものです。

安心と安全。科学と感情。本当厄介なものです。一番の原因は人間の感情はコントロールできず、そして簡単に振れてしまうこと。そう人それぞれです。本来それを理性、つまり正しい情報で補うことができるのが人間なのですが、情報の整理が苦手な人は報道に踊らされます。俗に言う情報リテラシーです。

安心を得るためには科学の理解が必要です。ただし一般が理解するためにはわかりやすい説明が必要になります。まず専門家が必要で、そしてその専門家をうまく活用する行政の正しい情報開示が必須です。そして最後に必要なのはマスコミの正しい広報になりますが、NHK 解説委員の方の「タイミングを見つけてジャーナリストは報道しないと議論が深まらないからこそ報道は今のままでいい」という結論に少し呆れました。

番組の中で初動の問題の失敗でBSEや福島での失敗が生まれたと分析されていました。本当その通りです。特に福島の事案は仕方のない部分があったとはいえ、民主党政権の初動対処の失敗、そしてその後のフォローの風評被害対策の失敗はとてもひどいものでした。でもそれを報道していたのはあなたたちですよね。その反省はないのかな。本当に今のままでいいの。 

今回も専門家が数字を出すと、小野さんはじめ理解できないから生じる不安を議論されていました。最後に出てきた 消費者も理解する努力が法で決められているという情報はまさにマスコミの正しい広報の不足を表しています。

医療において患者も病気を知る必要があると同じことです。そう専門家である医師を信頼するために、また値踏みするために患者もしっかり勉強して欲しいのです。今回の議論を聞くと医師は患者に具体的な細かい数字を出さないやり方がいいのかもと少し考えてしまいました。

情報からくる安心の醸成はやはりマスコミが主導です。政府が叩けるかもしれないと思っても、煽らず正しい情報を出し、国民に無意味な不安は助長しないようお願いします。医療含めて今の日本の過剰な安心神話の基準を作ったのはあなたたちなのですから。

根拠のない免疫治療を行っている病院のCMがどうしてもブログ画面に出てしまっているようです。(それこそヤフーのCMにも出ているくらいだから仕方ありませんが)全く関与していませんし、彼らの治療を基本否定していることを念のため書かせていただきます。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新駐米大使で慰安婦問題が解決か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    JALの時代錯誤なアイデアに驚き

    笹川陽平

  3. 3

    志村けん新・側室はアノ女優の娘

    文春オンライン

  4. 4

    平昌五輪 フィギュアで採点不正?

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    大型空母の中国vs軽空母の日本

    木村正人

  6. 6

    高木美帆&菜那「転べ」と嫉妬も

    女性自身

  7. 7

    五輪で見えた北主導統一シナリオ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    獄中の籠池氏 一時は車椅子生活

    文春オンライン

  9. 9

    橋下氏 夫婦別姓の実現に究極論

    PRESIDENT Online

  10. 10

    音喜多氏はブログより議会発言を

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。