記事

村上春樹新刊「騎士団長殺し」を読もうか迷ってる人へのガイド

1/2


村上春樹氏の新刊「騎士団長殺し」が発売されてから一ヶ月超がたちました。あなたはもう読みましたか?

私は読みました。なかなか・・・私は結構好きでした。ただ、読もうかどうか迷ってる人も多いかと思うので、「そもそも村上春樹作品とは何なのか?」から、「今回の作品と過去作品を比較するとどうか?」といったことまで、ガイドとしての文章を書いてみたいと思っています。

結論を二行にまとめると、

村上春樹作品とは、過去からの文化的惰性が通用しなくなった社会において、新しい自明性を獲得しようとあがく試み
であり、

『騎士団長殺し』の過去作品との違いは、主人公が「完璧な防御壁」の内側から断罪する位置を捨て、「昔からの友人の男」や、そして「女性というもの」に大きく一歩歩み寄った作品
ということになろうかと思います。

目次は以下の通り。

1村上春樹作品とは何なのか?
・・・または(村上春樹読者の三類型について)
2「騎士団長殺し」と過去作品との違いはどういうところにあるか?
・・・または(デタッチメント→コミットメント→次はインテグレーション?)
3村上春樹氏の変化と、現在の世界の変化との対応関係は?

てな感じです。

では。その1からどうぞ。

1村上春樹作品とは何なのか?

村上春樹作品の読者は三類型いると私は考えています。

A 自他共に認めるハルキスト
B ハルキストとか呼ばれるとちょっと困るが、春樹作品の”良さ”は一応理解できる層
C なんか話題だから読んでみたという層

勿論どんな作家にもこういう同心円状に広がる読者群がいるとは思いますが、村上春樹作品は他の作家に比べてこの「BグループとCグループの格差」がかなり激しい作家であると思います。私は何人もの、しかも結構本を読むこと自体は好きな層の人から、「あんな荒唐無稽で唐突にエロがはさまってるだけの話のどこがいいの?」と聞かれて、説明しようがないので「うーん、まあ、ねえ、ハハハ」と返答に窮したことがあります。

そういう人がちょっと読んでみた上で公言する村上春樹作品の売れてる理由とは、「うだつのあがらない男が次々と良い女に言い寄られて良い思いをするところがウケてるだけなんだろう」的な感じになっていて、まあそれを影の目的に読んでいる長年の読者がいないとは言いませんが、しかし「自分は信者ではないが、もうちょっと”意味”がある感じはするんだよ」と思う「Bグループ」のあなたもいるんじゃないかと思います。

そう、まあマラソンやってジャズを聞き、電子レンジを使わずに細かい料理をしてビールをケースで買っておいて英書ペーパーバックを読みながら飲んで週末を過ごすような、何から何まで人生を春樹スタイルで生きたがる人たちにはついていけないし、「こういう展開ってちょっとどうやねん」と興ざめしちゃうこともゼロではないというか正直頻繁にあるわけだけれども、しかし一応新刊長編が出たら読みはするし、「ただうだつの上がらない男が無意味にモテるちょっとオシャレっぽいディテールがウケてる話」では終わらない何かがあるとは感じる。

それはいったいなんなんだろうか?

ということをまず考えてみたいと思います。

ちなみに今回の作品は、過去二作(”1Q84”と”多崎つくる”)があまりに話題になったために、「Cグループ」の可能性のある人がかなり手を出して後悔した流れがあるため(勿論話題だから読んでみたらBグループに入っちゃったという人もいるでしょうが)、概ね「村上春樹作品の楽しみかたが一応わかる人だけが読む」流れにはなっているように思います。

では村上春樹作品とは一体何なのか?

単純化して言うと、私は

村上春樹作品とは、過去からの文化的惰性が通用しなくなった社会において、新しい自明性を獲得しようとあがく試み
ということだと思っています。

なんか昔村上春樹についての論評を読んでいて、一人あたりGDPがあるレベル(細かい数字は忘れましたが10年前の中国ぐらい?)を突破するとその国で村上春樹作品が売れはじめるというルールがある・・・というような記事を読んだ記憶があります。

要するに、「その段階」に達するまでのその国の社会に生きていると、日常生活のあらゆることに関して迷う必要がほとんどないわけですね。人生において何を大事にするべきか。昔からの友人とどういう関係を作るべきか。女性を口説く時にどういう言葉で誘えばいいか。そういうことは「過去から連綿と続いている文化」が決めてくれるので個人としては大して迷う必要がない。

しかし経済発展してグローバリズムにさらされていくと、そういう「自明性」が崩壊してくるので、昔ながらのロールモデルに乗っかって無思考的にそれをなぞって生きていくわけにもいかなくなっちゃう反面、日々生起する他人との関係や集団との関係の中でとりあえず「友人関係や仕事の関係を築いて、恋人を口説いたりセックスしたりできるだけの”自我”の立ち上げ方」をゼロから考え直さなくちゃいけなくなる。

そういう「自明性が崩壊した世界における新しい自分探し」が村上春樹作品の目的というか魅力というか・・・まあ、どんなものでも言葉でザクッと定義すると「それだけじゃないぞ!」という思いも湧いてくる人がいるかと思いますが、意識的にしろ無意識的にしろ、読者が村上春樹作品を通じて行っているのはその「新しい現代的に通用するセルフイメージの再構築」なんだろうと思います。

「現代的に通用するセルフイメージ」って物凄く抽象的な言葉ですけど、でも「抽象的なイメージ」にはあんまり自分探し的には意味がないんですよね。そうじゃなくて、「学生時代の友人の男とどれくらいの親密度でどういう話題で会話をするのか」「気になっている女性と食事している時に場をもたせるために何を言えばいいのか」レベルのこと・・・まで含んでこそ本当の意味で「自分探し」に意味がある。

具体的な”しぐさ”のレベルである必要があるけれどもそれは単に具体的な”しぐさ”だけの問題ではなくて、その”しぐさ”を通じてやっと「他人との距離の取り方」や「人生全体の目標を毎日の生活の中に無理なく取り込んでいくための思考プロセス・・・といったものを我々は獲得できる。

と、言うわけで、全世界的に、一人あたりGDPが一定値を超えて「過去からの社会の連続性」が途絶してくると、「とりあえず共有できる古き良きアメリカンな文化やヨーロッパの文化を援用しながら、世界的にどこの街でも似たような感じの”自分が住んでるこの街”で、とりあえずカッコつけて生きていけるスタイルを獲得しようとする」ネタとして村上春樹作品が読まれるようになる。

あわせて読みたい

「村上春樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  2. 2

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  3. 3

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  5. 5

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  6. 6

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  7. 7

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  8. 8

    センスも大義もない民進・前原氏

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  9. 9

    衆院選で続出 赤面モノの珍言集

    文春オンライン

  10. 10

    学問知らぬ共産のデタラメな主張

    WEB第三文明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。