記事

仏アーティスト、今度は鶏の卵をかえすパフォーマンス開始

[パリ 29日 ロイター] - 閉ざされた空間で生活するパフォーマンスで知られるフランスのアーティスト、アブラハム・ポワンシュバルさん(44)が29日、今度は鶏の卵をかえす実験を始めた。

パフォーマンスが行われているのは、現代美術を中心に展示するパリのパレ・ド・トーキョー。ポワンシュバルさんはガラス張りの展示室で、母鶏と化し、卵が孵化するまで10個の卵を温める。孵化までは21─26日かかる見通しだという。

ポワンシュバルさんは、体温を保つために分厚い毛布にくるまって、卵が入った容器が座席の下に固定された椅子に座る。1日に30分ほど、食事のために席を離れるが、トイレは座席の下に置かれた箱を使うという。

これまでにも、岩の中で1週間、クマのはくせいの中で2週間過ごした経験のあるポワンシュバルさんは、対象物を理解するのに最良の方法は、距離をおくことではなく中に入ることだと語っている。

あわせて読みたい

「動物」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  8. 8

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  10. 10

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。