記事

百貨店の客って、楽しそうに見えない気がする。

晴れた週末に、川崎駅の「ラゾーナ」に行った。午後のコンサートが目的だったのだけれど、早めについて何となく歩いていた。まあ、気に入ったカジュアルウェアくらいなら、買ってもいいかなというくらいだ。

しばらくして気づいたんだけど、なんとなく客が楽しそうだ。若い人どうし、あるは小さな子供を連れた親子連れが多い。おもしろいもので、いろいろな場所には「笑顔総量」みたいなものがある。3月のラゾーナは、結構多いんじゃないだろうか。

買い物や食事に出かけてきたんだから、そりゃ楽しいだろうと考えそうだけど、そうとも限らない。こういうモールやアウトレットは、全体に楽しげだ。

そして、買い物客がいてもあまり笑顔のないところがある。最近だと百貨店がそんな感じだ。

考えてみると、自分自身が百貨店に行かなくなっている。服を買う時は、アウトレットかネット、あるいは以前から知っている路面店。今回気になったので、改めて百貨店に足を運んでみたけれど、やっぱり笑顔総量は少ない。

なんというか、客がつまらなそうなのだ。

眺めながらどうしてだろう?と考えてみた。

まず、全体に年齢層が高い。しかし、そして、一人の客が多くて、多くは女性だ。彼女たちは、相当に目が肥えている。そうなると、「何かあるかな?」というわくわくした感じではなく、「チェックする」感じになっているように思う。

百貨店の上客は、また「手強い客」なのだろう。しかし、なんというか全体の空気は重くなるだろうな。

そして、価格が高い。他が安すぎるということもあるだろうけど、「いいな」と思っても値札を見てやめる人もたくさんいる。だから、「ため息総量」が増えて「笑顔総量」が増えない。

アウトレットでは、値札を見るのがまた嬉しいわけで、まったく逆になる。

そして、百貨店に行くときは「買わねばならぬ」ものであることが多い。手土産やお祝い、あるいは仕事や儀礼で必要なフォーマルな服。そういう時は、たしかに百貨店はいいのだけれど、ワクワク感は少ない

そうか、だから百貨店の客は、なんか楽しそうじゃないのか。

どんなにいい品揃えでも、場の空気を決めるのは客の気持ちだ。百貨店の売り上げが伸びない理由はいろいろ言われるけど、高齢化した上客に合わせていくうちに「楽しい感じがしない場所」になってしまったことが大きいように思う。

ちなみにいろんな場所の「笑顔総量」を何となく測ってみると、いろいろ発見がある。酒場でもビアホールはみんな楽しそうで、それは「来たくて来てる」からだろう。でもチェーン居酒屋はちょっと違う。「まあ仕方なく」来てる人も多い。

そういえば居酒屋も厳しいようで、そういうmust系の消費からみんな離れていっているということかもしれない。

あわせて読みたい

「百貨店」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  3. 3

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  8. 8

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  9. 9

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。