記事

「原産国表示」への信頼度ランキング、日本は8位 米仏と同順位

Niall McCarthy ,CONTRIBUTOR

世界各国の消費者に最も信頼されている「原産国」は、ドイツであることが分かった。統計サイト、スタティスタの委託を受けてダリア・リサーチが実施した調査の結果、フォルクスワーゲンの排出ガス不正が大きな問題になったにもかかわらず、ドイツに対する高い評価は揺らいでいないことが確認された。

調査結果をまとめ、作成された「メイドイン・カントリ―・インデックス」によると、ドイツに次いで高評価を受けているのはスイス。ドイツ製の安価な模倣品から自国経済を守るため、19世紀後半に他国に先駆け「原産国表示」を取り入れた英国は、皮肉なことに4位だった。

「日本製」に対する評価は、1位のドイツを100点とした場合に81点で、全体の8位。米国、フランスと同順位だった。調査対象国のうち、最も評価が低かったのは中国。28点で最下位だった。

「原産国」としての評価が高い国トップ20
1位: ドイツ/ 100
2位: スイス/ 98
3位: 欧州連合(EU)/ 92
4位: 英国/ 91
5位: スウェーデン/ 90
6位: カナダ/ 85
7位:  イタリア/ 84
8位:  日本/ 81
9位:  フランス/ 81
10位:  米国/ 81
11位:  フィンランド/ 77
12位:  ノルウェー/ 77
13位:  オランダ/ 76
14位:  オーストラリア/ 75
15位:  ニュージーランド/ 73
16位:  デンマーク/ 73
17位:  オーストリア/ 72
18位:  ベルギー/ 71
19位:  アイルランド/ 65
20位:  スペイン/ 64
出典: スタティスタ/ ダリア・リサーチ

調査方法: 49か国とEUについて、世界52か国の約4万3000人を対象に調査を実施。「どの原産国表示に対する信頼度が高いか」を尋ね、5段階評価で各国とも2500人以上から回答を得た。その後、最も高い「非常に高く評価」とそれに次ぐ「どちらかといえば高く評価」の回答が占める割合から各国への評価を数値化し、1位を100点として順位を決定した。対象各国から調査実施国向けの輸出量なども考慮した。調査期間は2016年12月~2017年1月。

編集 = 木内涼子

あわせて読みたい

「消費」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏秘書イタリア赴任の大出世

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    意識高い系バカにした50代の末路

    PRESIDENT Online

  3. 3

    北緊迫のいま慰安婦問題騒ぐ韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    薬局の過剰な万引き対策に疑問

    LM-7

  5. 5

    やくみつる氏「白鵬は引退して」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    ヒアリ襲撃 珍獣ハンターの受難

    ライブドアニュース

  7. 7

    勝手に動く?中国製ネットカメラ

    永江一石

  8. 8

    不動産投資を否定する人の特徴

    内藤忍

  9. 9

    ウーマン村本 戦争反対を再表明

    キャリコネニュース

  10. 10

    牛乳石鹸 不可解なCMに困惑の声

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。