記事

日本は再生医療のシリコンバレーになれる

1/2
村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影

2014年の薬事法改正で、日本の再生医薬の治験から承認までのスピードは世界一になった。その恩恵を受けるべく、海外の大手企業からベンチャーまでもが日本に進出しているという。

その流れに乗って、再生細胞薬で脳梗塞や認知症の治療を目指しているのが、「サンバイオ」(http://www.sanbio.jp/)の森敬太社長だ。1967年札幌生まれ、ドイツ育ち。東京大学農学部で遺伝子や、タンパク、微生物や土壌などを研究していた。キリンビールに入社するが、MBAを取得して退社。同窓生の川西徹氏と2人で、アメリカでサンバイオを創業した。なぜ再生治療に着目したのか? 森氏と田原総一朗氏の対談、完全版を掲載します。



東大農学部でバイオを研究

【田原】森さんは東大農学部の農芸化学科を出られた。農芸化学科はどんなことをやるところですか。

【森】バイオです。私の前の世代は農学部というと農業の研究になりますが、私たちのころはバイオが脚光を集めていて、農学部も遺伝子工学ができるということで人気がありました。

【田原】遺伝子ですか。そういうのは医学部でやるのかと思っていました。

【森】もちろん医学部でもやっています。ただ、農学部とは方向性が違います。医学部の人に怒られてしまうかもしれませんが、医学部の遺伝子研究は患者ありきで、やはり医療なんです。それに対して農学部はサイエンス。遺伝子に絡む発見や発明に興味があるなら、農学部や理学部のほうが向いていると思います。

【田原】卒業後はキリンビールにお入りになる。ビール会社を選んだのは意外な気がしますね。

【森】当時、キリンビールは多角化経営を進めていて、ビールだけでなく、乳製品などの食品事業やレストラン事業を展開したり、さらに医薬の分野にも進出していました。一方、私は何か新しいことを始めて社会にインパクトを与えたいという思いがあった。キリンビールなら自分も何か一つ大きな事業ができるのではないかと考えて選びました。

【田原】その後、アメリカに留学されますね。これはどうして?

【森】キリンビールで新しい事業をやりたかったのですが、そのための知識がありませんでした。それで会社にMBAに行かせてほしいとお願いしてカリフォルニア大学バークレー校に留学しました。バークレーでは、アントレプレナーシップについて学びました。たとえば新しい事業のビジネスプランを書いたり、実際にベンチャー企業に入ってプロジェクトを経験したり。充実した2年間でした。

キリンを退社、アメリカへ

【田原】森さんはアメリカで起業します。起業したのはこのとき?

【森】いえ、MBA修了後はキリンビールに戻って数年働きました。その後、32歳で退社してまたアメリカに戻るという流れです。


サンバイオ社長 森敬太氏

【田原】何で退職したんですか。

【森】私の考えが甘かったですね。キリンビールで新しい事業ができると思っていましたが、実際は世の中そのようには回っていなかった。それに気づいて、じゃ自分でやろうと。退社後は、インフォマティクスのベンチャー企業を友人がサンフランシスコで経営していたので、絶好のチャンスだと思って参画させてもらいました。

【田原】アメリカでは、サンバイオを一緒に立ち上げた川西徹さんと出会いますね。

【森】出会うというか、再会ですね。川西は大学の同窓。当時から友達で、卒業後も定期的に飲む仲でした。彼はボストンコンサルティンググループで働いた後、独立してケアネットという医療情報の会社を立ち上げた。その後に渡米して私と再会して、頻繁に会ううちに何か一緒にやろうという話になりました。

大学の同窓生とアメリカで起業

【田原】意気投合したお2人はサンバイオを立ち上げた。サンバイオはどういう意味ですか。太陽のサン?

【森】いえ、「田原サン」というときのサンで、英語でいえばミスターやミセスです。バイオのナンバーワンを目指そうという思いで名づけました。

【田原】バイオの中でも、目をつけたのは再生医療でした。どうしてですか。

【森】当時、アメリカではゲノムが盛り上がっていました。ただ、すでに大きな会社が誕生していて、いまからベンチャーが参入しても周回遅れで負けてしまう。もっと最先端のことをやろうと考えていろいろ精査した結果、再生医療なら自分たちにチャンスがあって、なおかつ世の中に貢献できるだろうと判断しました。

【田原】京大の山中伸弥さんがiPS細胞でノーベル賞を獲ったのが2012年です。そこから日本でも再生医療が注目を集めるようになりましたが、サンバイオはもっと前だ。

【森】創業は2001年で、iPS細胞より約10年前です。ただ、世間の認知度は別にして、当時から再生医療の可能性は注目されていました。日本政府も国の研究予算を再生医療にかなり入れていました。そうした下地があったので、のちに山中先生をはじめさまざまな技術が生まれてきた。日本政府は先見の明があったと思います。

【田原】事業化する再生医療技術はどうやって見つけたのですか。

【森】自分たちが投資すべき技術については、3つの条件がありました。1つ目は先ほど言ったように、最先端であること。2つ目は、研究を進めている先生がアメリカでの製品化に賛同してくれること。そして3つ目が特許を取得していること。これらの条件を満たす研究者を探して、片っ端から会いに行きました。

【田原】アメリカで製品化するのはなぜですか。

【森】当時、日本は再生医療の研究が盛んでしたが、患者さんに投与する臨床試験ができる環境が整っていませんでした。薬の試験は副作用などの安全の問題があり、さまざまなことを調べて当局を納得させたうえでないと行えません。日本は当局が安全サイドに振っているので簡単に治験を行えませんが、アメリカは歴史的に見て、わりと簡単にOKを出してくれる。ですから、日本のすばらしい技術をアメリカで試験して製品化すれば、新しい治療をいち早く世界に届けられると考えました。

【田原】もう一つ、特許というのは?

【森】いまはかなり変わりましたが、当時、日本の先生たちは学者肌で、論文は出すけど特許を取らない方が少なくなかった。ただ、せっかくの大発見も特許を取っていないと守れないし、守れないと事業を継続できません。現実的な視点ですが、これは譲れない条件でした。

【田原】それらの条件を満たす技術に出合うまでに、何人会いました?

【森】最先端の研究をされている先生に、日本だけでも30~40人は会いました。アメリカを入れると50人かな。

神経幹細胞を脳に移植し、脳神経を再生する

【田原】その結果、慶應義塾大学医学部の岡野栄之先生にお会いになる。岡野さんはどのような研究を?


田原総一朗
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。本連載を収録した『起業家のように考える。』(小社刊)ほか、『日本の戦争』など著書多数。


【森】人間の脳の中には、いろいろな神経の種である神経幹細胞があります。岡野先生は、神経幹細胞を世界で初めて単離、つまり見つけて増やすことに成功した先生です。当時は、神経幹細胞を脳に移植をして、脳神経を再生する研究をやっていらっしゃった。私たちがうかがったときは、サルでの実験を見せていただきました。映画『スーパーマン』に主演していた俳優が落馬して脊髄損傷になって動けなくなったことがありますよね。その病気を動物モデルに移植して、さらに神経幹細胞を移植したところ、動けなかったサルがもう一度動けるようになった。そのビデオを見て、自分たちが探していたのはこれだと。

【田原】その技術で、どういう薬ができるのですか。

【森】脳の中に神経幹細胞を移植することで、パーキンソン病を治したり、あるいは脳梗塞の患者さんがもう一度歩けたり話せるようになる可能性があります。ただ、治療ができるだけでは足りません。私たちがこだわっていたのは、大量生産してたくさんの患者を助けること。神経幹細胞は種の細胞なので、増やすことが可能です。もちろん簡単には増やせませんが、岡野先生の技術で開発する薬は量産化が可能という点が魅力でした。

【田原】そんなにすごい技術なのに、岡野先生はよく森さんたちの話に乗りましたね。

【森】先生の技術は最先端だけど、このまま日本でやるだけでは製品化が難しい、早く患者に届けるならアメリカでやるべきだと説きました。当時私たちは素人でしたが、何としても薬にしたいという真剣さが伝わったのか、岡野先生も私たちに懸けてくださったようです。

5年で製品化できると思っていた

【田原】事業をやるなら資金調達が必要です。とくに医薬は開発に時間がかかるから、その間の運転資金が要りますね。森さんは開発までどれくらい時間がかかると踏んでいたのですか。

【森】製品化そのものは時間がかかっても、3~5年で目処が立つと考えていました。それは甘い考えだと後で思い知りますが、まずは開発を3~5年続けられる資金を集めることにしました。ただ、簡単には集まりませんでした。クレイジーといわれる事業ほど集めるのは難しいと覚悟していたのですが、想像以上に厳しくて。資金調達に1年以上かかりました。最初に調達できたのは約3億円。この額でも1年半~2年で消えてしまうので、まだ足りない状況でした。

【田原】資金を集めたのはアメリカですか。それとも日本?

【森】チームはアメリカですが、資金調達は日本です。さまざまなベンチャーキャピタルに出向いて、足で稼いだというところです。

【田原】森さんたちは何も実績がなかった。どうやって資金を引き出したのですか。

【森】この業界で信用されている方と組めたことが大きかったです。

【田原】たとえば?

【森】元NIH(アメリカ国立衛生研究所)所長のジョージ・R・マーティンさんは大恩人の一人です。彼は「Mention my name、俺の名前を言えばわかるように話をつけておくよ」といって、さまざまな人を紹介してくれました。たとえば再生医療の先駆者で、私たちより約20年早く当局から許可を取って臨床実験をしていたゲイリー・スネーブルさんも、マーティンさんの紹介でした。スネーブルさんは「1にプロダクション、2にプロダクション、3にプロダクション」が口癖。再生医療はそのくらい製造が難しくて重要だということを教えてもらいました。

【田原】ほかには?

【森】再生医療で量産化に成功した製品がアメリカで承認されたケースが一例だけあるのですが、それをやったダミアン・ベイツさんとか、シリコンバレーの顔的な弁護士であるマリオ・ロザッティさんと出会えたことも大きかった。こうした大物たちの協力があって何とか資金調達できました。

【田原】過去のインタビューを拝見すると、川西さんと2人だから苦しい時期でも頑張れたとおっしゃっている。これはどういうことですか。

【森】私たちは営業と技術というような役割分担をしていなくて、ぜんぶ2人で決めています。壁にぶち当たることは多々ありますが、その都度お互いに納得するまで話し合うので、前に進めるのです。さらにいうと、これは2人だけの問題でもありません。大きな事業は、たくさんの人の協力が必要不可欠です。協力してくださる方々と話し合って一つの方向に向かって進んでいくことが、事業の醍醐味だと思っています。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文春の「鬼畜」医師報道に疑問

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    首相発言が匂わす検察の国策捜査

    郷原信郎

  3. 3

    右翼3人との乱闘を収めた辻元氏

    辻元清美

  4. 4

    立憲の「まっとうな政治」に疑問

    鈴木 たかこ

  5. 5

    アベノミクスで潤う富裕層と自民

    国家公務員一般労働組合

  6. 6

    人気精神科医 10代患者と性関係

    文春オンライン

  7. 7

    小池都政 LED事業の厳しい現況

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    よしのり氏「変節」報道に反論

    小林よしのり

  9. 9

    ビットコイン急落 原因は勘違い

    広瀬隆雄

  10. 10

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。