記事

【主戦場は税制改革へ】

トランプ大統領の敗北、それも保守強硬派と穏健派の綱引きによって身内をまとめきれないための敗北。

医療保険制度の代替案を盛り込んだ法案を議会下院の採決に持ち込むことすらできませんでした。これでは、税制改革も危ういという論調が目立ちます。

保守的なFox NewsとリベラルなNew York Timesとの論説の違いが分かりやすいです。

New York Timesは、The TrumpRyanCare Debacle(トランプライアンケアの大失敗)の中で「最後のバタバタも法案の一番の目的を隠しきれなかった。富裕層の税負担を軽くし、必要な人々の医療をカットすることが目的だと明明白白だった」と指摘。

その上で「24日の法案廃止という結果は、アメリカにとって良かったが共和党指導部には手痛い屈辱だった。トランプ大統領にとっては実際の統治が選挙戦ほど簡単ではないことをつきつけられる結果となった(Friday’s outcome is good for the country, but humiliating for the Republican leadership. For Mr. Trump, it is a rather a brutal reminder that campaigning is the easy part)」と総括しています。

無保険者が2010年の16.3%から9.1%まで減少したとして、オバマケアの維持が必要だと主張する立場です。

これに対してFox Newsは、Freedom Caucus drives dagger into heart of young Trump presidency(保守強硬派の議員連合が発足間もないトランプ政権の心臓部を突き刺す)の中で、「保守強硬派の議員連合=フリーダム・コーカスがトランプ大統領とアメリカに与えた打撃は強調しても強調しきれない」と怒りをぶちまけています。

「法案に反対した結果、アメリカ国民が今の医療保険制度=オバマケアの負担に今後も苦しみ続けることになる」として、「下院共和党のライアン議長にトランプ大統領もオバマケア撤回に向けて、新たな法案をつくる政治的な意思も忍耐もないだろう。我々はオバマケアと共存しないといけない」と嘆いています。

さらに「共和党指導部の低落ぶりは顕著で、税制改革、インフラ投資などの見通しを曇らせる。ライアン議長が医療保険制度改革で可決に必要な票をとりまとめられないなら、税制改革の時は違うということにならない」「トランプ政権が税制改革を実現できるか国民は注視しているが、野党民主党とフリーダム・コーカスが立ちはだかるなら、何もかも不可能だ」と結んでいます。

「大統領の信頼は地に落ちた。株価を押し上げ、企業の設備投資計画を促した希望は一気に消える可能性がある」と落胆ぶりを隠しません。

次の主戦場は税制改正といっせいに報じられています。Wall Street Journalは、Republicans Turn Eyes to Tax Overhaul After Health-Care Bill Falls Short(医療保険改革を採決に持ち込めなかった共和党は、税制改革に目を向ける)として、「オバマケアを撤回できないことが分かった24日、多くの共和党議員は税制改革に関心を向けると述べた」と伝えています。

共和党のライアン下院議長はトランプ大統領とその側近と話したことを明らかにした上で、「税制改革の必要性についての方が合意できる点が多い」と述べて焦点は税制改革に移行するとしています。

ムニューシン財務長官も「医療保険制度は複雑な問題だ。税制改正の方がはるかにシンプルだ」と発言。

一方、CNBCによると、医療保険の法案を採決に持ち込むことができなかったことを踏まえてライアン下院議長が「確かに税制改正をいっそう難しくする。しかし、不可能になったわけで決してない。我々は税制改正を進める」と発言しました。

Politicoも、「税制改正は過去30年、どの大統領も議会も成し遂げられなかった。共和党は、オバマケア撤回法案で予算を捻出し、税制改正のクッションにしようと思っていただけにいっそう難しくなる」と指摘しました。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  3. 3

    貴乃花親方へ批判報道に妻が怒り

    女性自身

  4. 4

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  5. 5

    母子家庭の扶助減額は理解不能

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  6. 6

    清水建設問題 下請け告発で発覚

    山口利昭

  7. 7

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  9. 9

    死んでも祟る 富岡八幡宮の確執

    SmartFLASH

  10. 10

    風俗嬢に欠如している相談する力

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。