記事

仏極右ルペン氏、アフリカ政策見直しを提案 CFAフラン廃止も

[ヌジャメナ 22日 ロイター] - フランスの極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首は22日、訪問先のアフリカ・チャドで会見し、フランスが継続してきたアフリカの旧植民地諸国との特別な関係を絶つことを提案した。また、旧植民地を中心に使われている通貨CFAフランの廃止も訴えた。

ルペン氏は4月下旬から5月初旬にかけて行われる大統領選の有力候補の一人。

アフリカ政策はフランスの外交政策で重要な位置を占めてきた。

フランスはアフリカの旧植民地の独立後も、経済・政治・軍事面で非公式のつながりを維持している。

サルコジ前大統領もオランド現大統領もこの特別な関係の廃止を約束していたが、フランスがアフリカの政治と治安問題に深く関与する状況は変わらなかった。

ルペン氏は会見で従来のアフリカ政策を批判。「この政策と決別する」と語った。

ルペン氏はまた、アフリカの中・西部14カ国で使用されている通貨CFAフランの廃止も提案。「CFAフランが経済発展を妨げており、自国通貨を持つべきだとするアフリカ諸国の訴えに賛同する」と語った。

あわせて読みたい

「マリーヌ・ルペン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気グラドル 枕営業告白の真意

    文化通信特報版

  2. 2

    NHK受信料700億円増も用途に疑問

    わんこ☆そば

  3. 3

    民進議員 無所属・岡田氏を批判

    櫻井充

  4. 4

    橋下氏 統一会派破談に「当然」

    橋下徹

  5. 5

    官僚は徹夜も 消耗戦状態の国会

    松井孝治

  6. 6

    電ファミ 誤報も開き直りで炎上

    tenten99

  7. 7

    安倍首相 欠席のふりして平昌へ?

    天木直人

  8. 8

    詩織さん事件 検事名まで黒塗り

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    松井府知事の名誉毀損訴えに反論

    米山 隆一

  10. 10

    韓国籍離脱者が急増 兵役逃れで

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。