記事

NY急落の原因は? 雰囲気で株を買っている連中が慌てる

21日のザラバにこれを書いています。今日、ニューヨーク株式市場が久しぶりに大きく下げました。

寄付き前は楽観的なムードであり、とりわけナスダックは新値を更新しながらのオープニングだったので、「下院共和党ヘルスケア・プランの審議が難航している」などの、前夜までに知られていたニュースが急落の引き金となったという説明は、信用できません。

強いて言えば上院銀行委員会の幹部、シェロッド・キャンベル・ブラウン上院議員(民主党オハイオ州)が「ドッド・フランク法の完全撤廃は起きない」とコメントしたことがバンク・オブ・アメリカ(BAC)の投資家に嫌気されました。下はSPDR銀行株ETF(ティッカーシンボル:KBE)。

KBE

むしろファンダメンタルズと、株式投資家の楽観ムードの間での齟齬が、理屈をこねくり回して正当化できないほど乖離してしまったのが、下げの原因のように思われます。

一例として、最近、米銀の融資には急ブレーキがかかっています。

景気は良いのだから融資にブレーキがかかるのは変ですが、事実として増えてないのだから、しょうがありません。

ひとつの理由として考えられることは、リーマンショック以降、銀行の融資の審査基準がとても厳格化されており、たとえば住宅ローンひとつ例にとっても以前とは比べ物にならないほどうるさいこと言われます。

また下院共和党が税制改革法案の中に国境税調整を盛り込んでいるわけですが、これは輸入品に一律20%の関税をかけるという乱暴な法律であり、小売業者はもしこれが成立すると運転資金に大きな影響が出ることを懸念しています。だからキャッシュをなるべく温存し、ムダなリスクは取らないと委縮してしまっているわけです。

銀行の貸出が思ったほど伸びない一方で、ウォール街が期待をかけているイールド・カーブのスティープ化が起きているか? といえば、これはぜんぜん起きていません。むしろ10年債利回りは低下傾向にあります。

先の第4四半期決算発表では、ウエルズファーゴ一行を除き、メガバンクで純金利マージンが拡大したところはありませんでした。そのときは経営陣から「これから拡大するから、心配するな」と言われました。

しかしイールド・カーブは全然急こう配になっていないので、銀行株は1)融資ボリュームだけでなく、2)利ザヤの面でも落胆させられるリスクが出ているのです。(強いて言えば債券トレーディングは、まずまずかもしれません)

銀行の基本的な収益性が改善を見ない中で、唯一の希望は規制緩和ということになるわけですが、そこへ持ってきて今日、上院銀行委員会の幹部から規制緩和で余りバラ色のシナリオを想定しない方が良いと釘を刺されてしまったので、投資家としては立つ瀬が無くなったというわけです。

結論としては、ファンダメンタルズを度外視し、雰囲気で株を買っている連中が慌てた…これに尽きますね。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  5. 5

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  6. 6

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  7. 7

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  9. 9

    安室奈美恵の引退に衝撃受けるな

    常見陽平

  10. 10

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。