記事

【読書感想】人工知能の核心

1/2

人工知能の核心 (NHK出版新書)

人工知能の核心 (NHK出版新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二〇一六年三月、人工知能の囲碁プログラム「アルファ碁」が世界ランクの棋士を破った。羽生善治は、その勝利の要因を、「人工知能が、人間と同じ“引き算”の思考を始めた」とする。もはや人間は人工知能に勝てないのか。しかし、そもそも勝たなくてはいけないのか―。天才棋士が人工知能と真正面から向き合い、その核心に迫る、“人工知能本”の決定版。

 2016年5月15日に放送されたNHKスペシャル『天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る』を新書化したものです。
 この番組、放映時に観て、すごく面白かったんですよね。
 羽生さんという「現代最高の知性」がナビゲーターをつとめていることによって、人工知能の開発者たちも「話ができる相手」に、親しみと敬意をもって取材に応じていたように感じました。

 2015年に、NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」(2016年5月放送)の番組作りはスタートした。羽生さんとの最初の打ち合わせのとき、私もこう聞いた。「羽生さんは人工知能に勝てるでしょうか」。そのときの羽生さんの答えが忘れられない。

「今、将棋の人工知能は、陸上競技で言えば、ウサイン・ボルトくらいです。運が良ければ勝てるかもしれない。しかしあと数年もすれば、F1カーのレベルには達するでしょう。そのとき、人間はもう人工知能と互角に勝負しようとか考えなくなるはずです」

 プロ棋士が次々と人工知能に打ち負かされるなかで、「最後の牙城」として羽生さんにかかる期待は大きいが、当の羽生さんは、今後人間が、将棋の世界で人工知能に勝つことができなくなるという見通しを持っていた。

 しかし、そう答える羽生さんの口ぶりは、残念がるわけでも、悔しがるわけでもなく、いつものように淡々としたものだった。むしろ人工知能の進化が楽しみでしょうがないという気持ちが感じられた。

 私たちが、この番組のレポーター役を羽生さんに依頼したのは、人工知能の進化を肌身で感じており、それでいて、その進化を、人間を脅かすものと否定的に捉えるのではなく、人間の新たな可能性を切り拓くものと肯定的に考える人だったからだ。 

 多くのプロ棋士が、人工知能(コンピュータ将棋)に対して、自分の存在を脅かす存在という恐怖を持っていたり、将棋から人間性を奪うものとして反感を抱いてたり、勝てるわけがない、という諦めを示していたりするなかで、羽生さんは、ものすごくフラットというか「人工知能が、将棋や人間そのものを進化させていくのではないか」という純粋な興味を抱いているようにみえるのです。

 羽生さん自身が、傍からみれば「将棋の世界での、コンピュータに対する最後の砦」であるにもかかわらず。
 でも、現実的にはウサイン・ボルトには勝てないよね……

 羽生さんは、コンピュータ将棋について、こんな話をされています。

そもそも、人間と指す将棋とコンピュータと指す将棋は、かなり違うゲームです。
 相手が生身の人間なら、相手が指した手に「この人はこう指したら、例えば五手先がこうなるので、続きはこうなっていくだろう」と、相手のキャラクターや盤面の流れを含めて、読み合いをしていく楽しさがあります。しかし、これが、人工知能が相手だったらどうなるか。

 実際には、だいぶ大きく思考の転換が求められるのです。 

 例えば、現在の電王戦のルールでは、対戦するソフトが貸し出されます。すると対戦相手の棋士は、そのソフトを対局の日まで休まずに動かし続けて分析をして、そのプログラムが選びそうな手を確率的に予想しそれぞれの分岐の局面での対策を立てていきます。乱数(ランダムな数字)が入っているので完全な予想は不可能です。しかし、対局は一局(先後それぞれ)なので後は当日のめぐり合わせです。確率の高い局面を引けるかどうかは運次第になります。これが現在の将棋ソフトと対戦する場合の対策なのです。

 この作業は、もはや「将棋を指す」と言うより、「プログラムの特徴やバグを限られた時間とリソースのなかで見つけていく勝負」とでも言うべきものでしょう。

 電王戦に出場した棋士の「電気代がかかって大変だった」という、「本当?」と言いたくなるようなエピソードも羽生さんは書いておられるのですが、これはもう将棋というよりは、プログラム解析作業ですよね。

 電王戦では、プログラムのバグや癖に乗じて人間の棋士が勝った試合もあり、それは「あり」なのか、と物議を醸したこともありました。

 とはいえ、それが現状で人間側が勝つための最善手であることも事実なのです。

 将棋の「強さ」に関しては、ある程度頂上がみえてきた印象もあるのですが、人工知能の進化は、「強さを極める」目標だけに向かっているのではありません。

あわせて読みたい

「羽生善治」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気グラドル 枕営業告白の真意

    文化通信特報版

  2. 2

    NHK受信料700億円増も用途に疑問

    わんこ☆そば

  3. 3

    橋下氏 統一会派破談に「当然」

    橋下徹

  4. 4

    安倍首相 欠席のふりして平昌へ?

    天木直人

  5. 5

    詩織さん事件 検事名まで黒塗り

    週刊金曜日編集部

  6. 6

    電ファミ 誤報も開き直りで炎上

    tenten99

  7. 7

    松井府知事の名誉毀損訴えに反論

    米山 隆一

  8. 8

    官僚は徹夜も 消耗戦状態の国会

    松井孝治

  9. 9

    混迷する朝鮮 文大統領に悲壮感

    ヒロ

  10. 10

    昭恵氏 総理の実家避けホテル泊

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。