記事

実写「3月のライオン」の強烈なギラつき

[画像をブログで見る]

羽海野チカ原作の「3月のライオン」の実写映画が公開となったので、早速見に行ってきた。

原作は全て読んでいて、シャフト制作のアニメ版も見ているのだが、実写版は果たしてどんな出来栄えなのか大変気になっていた。予告から抱く印象は決して悪くはなかっただけに結構期待してもいた。

結論を先に書くと、結構良かった。主人公の桐山零役はやはり神木隆之介しかいないなと思わせる納得の芝居だったし、義姉の香子役の有村架純も見事に「魔女」役をこなしていた。香子はアニメ版のシャフトの演出と井上麻里奈の芝居が素晴らしかっただけに、見劣りするかもと心配していたけど、杞憂だった。上手いよね、有村架純。(アニメ版についてはこちらにレビューを書いてます)

キャスト陣では島田八段を演じた佐々木蔵之介の存在感が光った。飄々としていて芯が太い、どっしり構えているようでふわりと躱すような絶妙なさじ加減の芝居だった。島田と伊藤英明演じる後藤との対決は本編を通じて、役者が最高のパフォーマンスをしているシーンだと思う。それだけに対局中の派手な音楽は余計だったと思う。あれだけの芝居をしているのだから、あそこは役者の力を信じて音楽抜きで見せきってほしかったと思う。



2部作の前編となる本作は、川本三姉妹のエピソードは少なめにして、桐山の生い立ちと成長過程に焦点を当てている。義姉の香子は出番が多く、原作よりも存在感が大きいし、内面も掘り下げられている。というより少しキャラ付けを変えている。将棋をやっている動機を語られていたりしている。

原作やアニメとの最も大きな相違点は、将棋の対局の演出だろうか。とにかく望遠レンズでのクローズアップを多用して、ギラついた画を作り上げている。確かに将棋の対局なんて普通に撮っても、静かにパチパチ指しているだけなので、工夫が必要なのだが、なるほどこうきたか、と。

対局中のわずかなしぐさや表情の変化も見逃さず、緊迫感の戦いを作ることに成功している。上述したが、とりわけ島田と後藤の戦いが良い。ガチンコの殴り合いとけいようされるような、攻め合いの対局なのだが、心理的な駆け引きよりも負けてなるものか、という2人の気迫が望遠のクローズアップで連続で映される。とにかくギラギラしていて2人の気迫が大画面いっぱいに次々と映し出されるのだ。最近ここまで望遠を上手く使った作品は見ていなかったのですごく新鮮だった。


(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

エンド・クレジット後に後編の予告も流されるのだが、後編は伊勢谷友介演じる川本家のダメおやじが登場し、ひなのいじめ事件も描かれるようだ。自分のことばかりでいっぱいの桐山の成長を描く前編に対して、後編では自分を支えてくれた周りの人間に対して行動する桐山が見られそうだ。

別冊クイック・ジャパン 3月のライオンと羽海野チカの世界
別冊クイック・ジャパン 3月のライオンと羽海野チカの世界
posted with amazlet at 17.03.21
別冊QJ編集部
太田出版
売り上げランキング: 93
Amazon.co.jpで詳細を見る

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  3. 3

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    父が殺人犯に 加害者家族の現実

    fujipon

  5. 5

    「結婚は人生で1回だけ」に疑問

    AbemaTIMES

  6. 6

    大企業の不正「なれ合い」が原因

    田原総一朗

  7. 7

    ビットコイン先物でバブル崩壊も

    藤沢数希

  8. 8

    高齢夫婦の海外旅行は避けるべき

    PRESIDENT Online

  9. 9

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    就職人気企業 電通が26位に降格

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。